>   故事成語   >   な行   >   泣いて馬謖を斬る

泣いて馬謖を斬る

いて馬謖ばしょく
  • 出典:『十八史略』三国・漢、『三国志』蜀志・馬謖伝
  • 解釈:規律を保つために、自分の愛する者でも私情を捨てて処分する。
  • 十八史略 … 7巻。元のそうせん撰。『史記』から『新五代史』までの十七の正史に、宋代の史書を加えて十八史とし、その概要を編年体でまとめたもの。史料的価値はほとんどないが、我が国では初学者のための入門書として広く読まれており、特に江戸時代には『論語』『唐詩選』とともに、初学者の必読書とされた。ウィキペディア【十八史略】参照。
〔十八史略、三国、漢〕
亮爲政無私。馬謖素爲亮所知。及敗軍、流涕斬之、而其後。
りょうまつりごとすことわたくしし。馬謖ばしょくもとよりりょうところる。ぐんやぶるにおよび、流涕りゅうていしてこれり、のち(あわ)れむ。
  • 亮 … 三国時代の蜀の忠臣、諸葛亮。あざなは孔明。
  • 馬謖 … 三国時代、蜀の武将。諸葛亮の命令にそむいて大敗した。
  • 流涕 … 涙をながして泣くこと。
  • 其後 … その遺族を援助する。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ