>   故事成語   >   や行   >   行くに径に由らず

行くに径に由らず

くにこみちらず
  • 出典:『論語』雍也第六12
  • 解釈:目的地へ行くのに裏道や小道を通らず、大通りを行く。正々堂々と物事を行うこと。くにけいらず。
有澹臺滅明者。行不由徑。非公事。未嘗至於偃之室也。
澹台滅明たんだいめつめいなるものり。くにこみちらず。公事こうじあらざれば、いまかつえんしついたらざるなり。
  • 澹台滅明 … 姓は澹台、名は滅明、あざな子羽しう。魯の人。孔子の弟子。公正な人柄だが、醜男だったという。ウィキペディア【澹台滅明】参照。
  • 行不由径 … 公明正大であること。「由」はしたがいよる。「径」はこみち。近道。
  • 公事 … 公の仕事。公務。
  • 未嘗~ … 「いまだかつて~せず」と読み、「今まで~したことがない」と訳す。
  • 偃 … 子游の名。
  • 室 … 私室。私宅。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「雍也第六12」参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ