>   故事成語   >   さ行   >   七縦七擒

七縦七擒

七縦しちしょう七擒しちきん
  • 出典:『三国志』蜀書・諸葛亮伝・注
  • 解釈:敵を七回逃がして七回捕らえる。敵を自分の思いのままにあしらうこと。諸葛亮と孟獲との故事。
亮笑縱、使更戰、七縱七禽、而亮猶遣獲。獲止不去。
りょうわらいてはなち、さらたたかわしめ、七縦しちしょう七禽しちきんするも、りょうかくらんとす。かくとどまりてらず。
  • 亮 … 諸葛亮。あざなは孔明。ウィキペディア【諸葛亮】参照。
  • 縦 … 許す。釈放する。
  • 禽 … 捕らえる。「擒」と同じ。
  • 獲 … 南蛮の王、孟獲もうかく。ウィキペディア【孟獲】参照。
  • 遣 … 逃がしてやる。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ