>   故事成語   >   は行   >   人一たびしてこれを能くすれば、己これを百たびす

人一たびしてこれを能くすれば、己これを百たびす

ひとひとたびしてこれをくすれば、おのれこれをひゃくたびす
  • 出典:『中庸』第二十章
  • 解釈:他人が一回でできることなら、自分は百回やってみる。徹底した努力を重ねれば、誰でも必ず目的を達成できる。
  • 中庸 … 儒教の経典けいてん。一巻。戦国時代、孔子の孫の子思ししの作といわれる。本来は『らい』の中の一篇。朱熹(朱子)は「四書」の一つに加え、全体を三十三章に分けた『中庸章句』という注釈書を作った。ウィキペディア【中庸】参照。
人一能之、己百之。人十能之、己千之。果能此道矣、雖愚必明、雖柔必強。
ひとひとたびしてこれくすれば、おのれこれひゃくたびす。ひとたびしてこれくすれば、おのれこれせんたびす。たしてみちくすれば、いえどかならめいじゅういえどかならきょうなり。
  • 此道 … 好学力行りっこうの方法。
  • 愚 … 愚か者。
  • 明 … 明知の人。
  • 柔 … 柔弱の者。
  • 強 … 強者。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ