>   故事成語   >   あ行   >   生まれながらにして貴き者無し

生まれながらにして貴き者無し

まれながらにしてたっともの
  • 出典:『童子教どうじきょう
  • 解釈:人間は生まれながらに貴い者はいない。一所懸命努力して知識を身につけ、人格をみがくのである。どんなにお金持ちでも欲深ければ貧しい人であり、貧乏でも心が満ち足りていれば、豊かな人である。
生而無貴者。習修成智徳。
れながらにしてたっとものし。ならおさめて智徳ちとくす。
  • 智徳 … 知識と道徳。知恵と徳行。学識と人格。
貴者必不冨。冨者未必貴。
たっとものかならまず。ものいまかならたっとからず。
雖冨心多欲、是名爲貧人。
むといえどこころよくおおければ、づけて貧人ひんじんす。
雖貧心欲足、是名爲福人。
まずしといえどこころらんとほっすれば、づけて福人ふくじんす。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ