>   漢詩   >   唐詩選   >   巻一 五言古詩   >   幽居(韋応物)

幽居(韋応物)

幽居
幽居ゆうきょ
おうぶつ
  • 五言古詩。營・情・生・鳴・行・榮(平声庚韻)。
  • 『全唐詩』巻193所収。ウィキソース「幽居」参照。
  • 幽居 … 俗世間から逃れてひっそりと暮らすこと。閑居。
  • 韋応物 … 736~791?。中唐の詩人。長安(陝西せんせい省西安市)の人。じょしゅう刺史や江州刺史等を歴任したが、最後の官が蘇州刺史だったので、韋蘇州と呼ばれた。自然を対象とした詩が多く、自然詩人といわれた。『韋江州集』十巻、『韋蘇州集』十巻がある。ウィキペディア【韋応物】参照。
貴賤雖異等
せん とうことにすといえど
  • 貴賤 … 身分の高い人と低い人。
  • 等 … 等級。階級。
出門皆有營
もんずれば みないとな
  • 出門 … 我が家を出れば。「門」は我が家の門。
  • 営 … 世渡りの営み。世渡りの仕事。
獨無外物牽
ひと外物がいぶつ
  • 独 … ただ自分だけは。
  • 外物 … 自分の外にある地位や名誉や財産など。
  • 牽 … とらわれる。惹かれる。
遂此幽居情
幽居ゆうきょじょう
  • 幽居情 … 隠遁生活の静かでのんびりとした心情。
  • 遂 … 存分に味わっている。
微雨夜來過
微雨びう らい
  • 微雨 … 小雨。こぬか雨。
  • 夜来 … 昨夜。
不知春草生
らず しゅんそうしょうずるを
  • 不知 … ~だろうか。多分~だろう。~かしら。
  • 春草 … 春の若草。
  • 生 … 萌え出る。
青山忽已曙
青山せいざん たちますで
  • 青山 … (幽居の周囲の)青々とした山。
  • 忽 … いつの間にか。ふと気がつけば。
  • 曙 … 夜が明ける。
鳥雀繞舍鳴
鳥雀ちょうじゃく しゃめぐりて
  • 鳥雀 … 雀などの小鳥。
  • 舎 … 小さい粗末な家。ここでは幽居の住まいを指す。
  • 繞 … まわりを回る。
時與道人偶
とき道人どうじんぐう
  • 時 … 時には。
  • 道人 … 道を修行している人。僧侶。または道教の道士。
  • 偶 … 連れ立つ。二人連れとなる。
或隨樵者行
あるいはしょうしゃしたがって
  • 樵者 … きこり。
自當安蹇劣
みずかまさ蹇劣けんれつやすんずべし
  • 当 … 「まさに~べし」と読み、「当然~するべきだろう」と訳す。再読文字。
  • 蹇劣 … 動きが鈍く、劣っている人。ここでは、世渡りの才能がない人。世渡りのへたな人。
  • 劣 …『全唐詩』等には「一作拙」とある。
  • 安 … 満足する。甘んじる。
誰謂薄世榮
たれ世栄せいえいうすんずとわん
  • 世栄 … 俗世における名誉。
  • 薄 … 軽んじる。軽視する。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行