>   故事成語   >   さ行   >   鹿を逐う者は山を見ず

鹿を逐う者は山を見ず

鹿しかものやま
  • 出典:『なん』説林訓
  • 解釈:利益を得ることに夢中になっている者は、周りの情勢に気がつかない。
  • 淮南子 … 前漢時代の思想書。21巻。漢のりゅうあん(前179~前122)編。道家思想を基本に、諸家の思想や学説が総合的に記述されている。ウィキペディア【淮南子】参照。
逐獸者目不見太山。嗜慾在外、則明所蔽矣。
けものもの太山たいさんず。嗜欲しよくそとれば、すなわめいおおわるるところあり。
  • 太山 … 泰山。
  • 嗜欲 … 見たい、聞きたい、食べたいなどという欲望。
  • 明 … 聡明。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ