>   故事成語   >   ま行   >   自ら見す者は明らかならず

自ら見す者は明らかならず

みずかあらわものあきらかならず
  • 出典:『老子』二十四章
  • 解釈:自分を世間に誇示しようとする者は、かえって世間に知られない。
跂者不立。跨者不行。自見者不明。自是者不彰。
つまだものたず。またものかず。みずかあらわものあきらかならず。みずかとするものあきらかならず。
  • 跂 … つま先で立つ。
  • 不立 … 長く立っていられない。
  • 跨 … 大股で歩く。
  • 不行 … 遠くまで行けない。
  • 自見 … 自分を誇張してみせる。
  • 不明 … 世間に現れることがない。
  • 自是 … 自分を正しいとする。
  • 不彰 … 自分の正しさが世間に認められない。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ