>   故事成語   >   ら行・わ   >   和光同塵

和光同塵

和光わこう同塵どうじん
  • 出典:『老子』第四章第五十六章
  • 解釈:自己の才能を隠し、俗世間の中に交わること。「ひかりやわらげちりどうず」とも。
〔老子、第四章〕
道冲而用之、或不盈。淵乎似萬物之宗。挫其鋭、解其紛。和其光同其塵。湛兮似或存。
みちちゅうにしてこれもちうるも、ひさしくたず。えんとして万物ばんぶつそうたり。えいくじき、ふんく。ひかりやわらげ、ちりどうず。たんとしてそんするるにたり。
  • 冲 … 容器がからっぽであるさま。また、何も入っていないさま。
  • 淵 … 深いさま。
  • 宗 … 大本おおもと。祖先。
  • 湛兮似或存 … 深くたたえた水のように、表面には見えないが何かが存在しているようだ。「湛」は水が深く満ちているようす。
  • 詳しい注釈については『老子』第四章参照。
〔老子、第五十六章〕
挫其鋭、解其紛、和其光同其塵。是謂玄同。
えいくじき、ふんき、ひかりやわらげ、ちりどうず。これ玄同げんどうと謂う。
  • 玄同 … 玄妙な道に同化すること。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ