>   故事成語   >   あ行   >   温故知新

終わりを慎むこと始めの如くすれば、則ち事を敗ること無し

わりをつつしむことはじめのごとくすれば、すなわことやぶること
  • 出典:『老子』64
  • 解釈:物事の最後まで最初と同様に慎重さを忘れなければ、失敗することはあり得ない。
爲者敗之、執者失之。是以聖人、無爲、故無敗。無執、故無失。民之從事、常於幾成而敗之。愼終如始、則無敗事
ものこれやぶり、る者はこれうしなう。ここもっ聖人せいじんは、すことし、ゆえやぶるることし。ることし、ゆえうしなうことし。たみことしたがうや、つねほとんどるにおいこれやぶる。わりをつつしむことはじめのごとくすれば、すなわことやぶることし。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ