>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   山房春事(岑参)

山房春事(岑参)

山房春事
山房春事さんぼうしゅんじ
岑參しんじん
  • 七言絶句。鴉・家・花(平声麻韻)。
  • 山房春事 … 『全唐詩』等では「山房春事二首 其二」に作る。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。天宝三載(744)、進士に及第。西域の節度使の幕僚として長く辺境に勤務したのち、けつかく州刺史・嘉州刺史などを歴任した。辺塞詩人として高適こうせきとともに「高岑」と並び称される。『岑嘉州集』七巻がある。ウィキペディア【岑参】参照。
梁園日暮亂飛鴉
梁園りょうえん にち 乱飛らんぴからす
極目蕭條三兩家
極目きょくもく蕭条しょうじょうたり 三両家りょうさんか
庭樹不知人去盡
庭樹ていじゅらず ひとくすを
  • 去 … 『全唐詩』では「死」に作り、「一作去」とある。
春來還發舊時花
春来しゅんらい ひらく 旧時きゅうじはな
  • 發 … 『岑嘉州集』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「落」に作る。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行