>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   赴北庭度隴思家(岑参)

赴北庭度隴思家(岑参)

赴北庭度隴思家
北庭ほくていおもむかんとしてろうわたっていえおも
岑參しんじん
  • 七言絶句。餘・疎・書(平声魚韻)。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。天宝三載(744)、進士に及第。西域の節度使の幕僚として長く辺境に勤務したのち、けつかく州刺史・嘉州刺史などを歴任した。辺塞詩人として高適こうせきとともに「高岑」と並び称される。『岑嘉州集』七巻がある。ウィキペディア【岑参】参照。
西向輪臺萬里餘
西にしのかた輪台りんだいむかうこと万里余ばんりよ
也知郷信日應疎
る 郷信きょうしんにまさになるべきを
隴山鸚鵡能言語
隴山ろうざん鸚鵡おうむ よく言語げんご
爲報家人數寄書
ためほうぜよ 家人かじんしばしばしょせよと
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行