>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   逢入京使(岑参)

逢入京使(岑参)

逢入京使
けい使つかいにう)
岑參しんじん
  • 〔出典〕 『唐詩選』巻七、『唐詩三百首』七言絶句、『三体詩』七言絶句 実接、『岑嘉州集』巻七(『四部叢刊 初篇集部』所収)、『岑嘉州集』巻八(『唐五十家詩集』所収)、『才調集』巻七、『全唐詩』巻二百一、他
  • 七言絶句。漫・乾・安(平声寒韻)。
  • ウィキソース「逢入京使」参照。
  • 逢入京使 … 都の長安へ向かう使者に出会って。「京」は、唐の都、長安のこと。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。天宝三載(744)、進士に及第。西域の節度使の幕僚として長く辺境に勤務したのち、けつかく州刺史・嘉州刺史などを歴任した。辺塞詩人として高適こうせきとともに「高岑」と並び称される。『岑嘉州集』七巻がある。ウィキペディア【岑参】参照。
故園東望路漫漫
えん ひがしのぞめば みち漫漫まんまん
  • 故園 … 故郷。作者の故郷は江陵であるが、ここでは家族がいる長安のわが家を指す。
  • 漫漫 … 果てしないさま。
雙袖龍鍾涙不乾
そうしゅう 竜鍾りょうしょうとして なみだかわかず
  • 双袖 … 両方のそで
  • 竜鍾 … ここでは、涙がとめどなく流れるさま。涙がしたたるさま。
  • 不乾 … 乾くいとまもない。
馬上相逢無紙筆
じょう あいうて ひつ
  • 馬上 … 馬に乗ったまま。
  • 相 … ここでは「互いに」という意味ではなく、動作に対象があることを示す言葉。
  • 無紙筆 … 手紙を書くための紙と筆の用意がない。
憑君傳語報平安
きみってでんして 平安へいあんほうぜん
  • 憑 … たよる。たのむ。
  • 伝語 … ことづける。伝言。ことづて。
  • 平安 … 無事でいること。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行