>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   見渭水思秦川(岑参)

見渭水思秦川(岑参)

見渭水思秦川
渭水いすい秦川しんせんおもう)
岑參しんじん
  • 五言絶句。州・流(平声尤韻)。
  • 渭水 … 甘粛省隴西県の鳥鼠山に源を発し、最後に黄河に合流する。
  • 秦川 … 長安の地方。
  • 見渭水思秦川 … 『全唐詩』等では「西過渭州見渭水思秦川(西のかた渭州を過ぎ、渭水を見て秦川を思う)」に作る。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。天宝三載(744)、進士に及第。西域の節度使の幕僚として長く辺境に勤務したのち、けつかく州刺史・嘉州刺史などを歴任した。辺塞詩人として高適こうせきとともに「高岑」と並び称される。『岑嘉州集』七巻がある。ウィキペディア【岑参】参照。
渭水東流去
渭水いすい 東流とうりゅう
何時到雍州
いずれのとき雍州ようしゅういた
  • 雍州 … 長安地方の古い呼び名。
憑添兩行涙
って両行りょうぎょうなみだ
  • 憑 … たのむ。
寄向故園流
せてえんむかってながさん
  • 故園 … 故郷。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行