>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   送劉判官赴磧西(岑参)

送劉判官赴磧西(岑参)

送劉判官赴磧西
劉判官りゅうはんがん磧西せきせいおもむくをおく
岑參しんじん
  • 七言絶句。少・鳥・曉(上声篠韻)。
  • 送劉判官赴磧西 … 『全唐詩』等では「武威送劉判官赴磧西行軍」に作る。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。天宝三載(744)、進士に及第。西域の節度使の幕僚として長く辺境に勤務したのち、けつかく州刺史・嘉州刺史などを歴任した。辺塞詩人として高適こうせきとともに「高岑」と並び称される。『岑嘉州集』七巻がある。ウィキペディア【岑参】参照。
火山五月行人少
火山かざん 五月ごがつ 行人こうじんまれなり
  • 行人 … 『岑嘉州集』(『四部叢刊 初編集部』所収)等では「人行」に作る。
看君馬去疾如鳥
る きみうまってきこととりのごとくなるを
都使行營太白西
都使とし行営こうえい 太白たいはく西にし
  • 使 … 『全唐詩』等では「護」に作る。
角聲一動胡天曉
角声かくせいひとたびうごいて胡天こてん
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行