>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   寄孫山人(儲光羲)

寄孫山人(儲光羲)

寄孫山人
孫山人そんさんじん
ちょこう
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻七、『全唐詩』巻一百三十九、趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻十二(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)、『儲光羲集』巻五(『唐五十家詩集』所収)、『唐詩品彙』巻四十八、『河岳英霊集』巻下、他
  • 七言絶句。還・山・閒(平声刪韻)。
  • ウィキソース「寄孫山人」参照。
  • 孫 … 姓。人物については不明。
  • 山人 … 世を捨てて山中に隠れ住む人。
  • 寄 … 詩を人に託して送り届けること。「贈」は、詩を直接手渡すこと。
  • 儲光羲 … 707~763。盛唐の詩人。えんしゅう(山東省)の人。開元十四年(726)、進士に及第。監察御史となったが、安禄山の乱で反乱軍にとらえられ、その軍に仕えた。乱の平定後、嶺南に流されて死んだ。ウィキペディア【儲光羲】参照。
新林二月孤舟還
新林しんりん がつ しゅうかえ
  • 新林 … 春になって新しく芽吹いた林。一説に、長江の入り江の名。新林浦。『景定建康志』に「新林港はまた新林浦と曰う。城の西南二十里に在り、ひろさ三丈、深さ一丈、長さ一十二里」(新林港又曰新林浦。在城西南二十里、濶三丈、深一丈、長一十二里)とある。ウィキソース「景定建康志 (四庫全書本)/卷19」参照。
  • 孤舟還 … 一艘の小舟で帰る。帰るのは孫山人とする説と、作者とする説とに分かれる。
水滿清江花滿山
みず清江せいこうち はなやま
  • 水満清江 … 春の水が清らかな川に満ちあふれている。陶淵明の「四時」(『古文真宝 前集』巻一、他)に「しゅんすいたくち、うんほうおおし」(春水滿四澤、夏雲多奇峰)とある。ウィキソース「陶淵明集 (四庫全書本)/卷3」参照。
借問故園隱君子
借問しゃもんす えんいんくん
  • 借問 … ちょっとお尋ねしますが。
  • 故園 … 古い庭。古くから住み慣れた庭園。孫山人の住居を指す。故郷の意ではない。
  • 隠君子 … 世を避けて山中に隠れ棲む徳の高い人。孫山人を指す。『史記』老子伝に「ろういんくんなり」(老子隱君子也)とある。ウィキソース「史記/卷063」参照。
時時來往住人閒
時時じじ来往らいおうして人間じんかんじゅうするかと
  • 時時 … ときどき。ときおり。
  • 来往 … 行き来する。行ったり来たりする。
  • 往 … 『全唐詩』には「一作去」とある。『万首唐人絶句』『河岳英霊集』では「去」に作る。『唐五十家詩集本』『唐詩品彙』では「徃」に作る。異体字。
  • 人間 … 「じんかん」と読む。人が住む世。世間。俗世間。李白の「山中問答」に「とうりゅうすい窅然ようぜんとしてる、べつてん人間じんかんあらざるり」(桃花流水窅然去、別有天地非人間)とある。ウィキソース「山中問荅」参照。
  • 住 … 『全唐詩』には「一作在、一作向」とある。『河岳英霊集』では「在」に作る。
  • 時時來往住人間 … 『晋書』孫登伝に「時々じじ人間じんかんあそび、ところいえあるいはしょくもうくるものは、いつたりともくるところし」(時時遊人間、所經家、或設衣食者、一無所受)とある。孫山人と同姓であるため、この故事を引いている。ウィキソース「晉書/卷094」参照。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行