>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   苜蓿烽寄家人(岑参)

苜蓿烽寄家人(岑参)

苜蓿烽寄家人
苜蓿烽もくしゅくほうにて家人かじん
岑參しんじん
  • 七言絶句。春・巾・人(平声真韻)。
  • 苜蓿烽寄家人 … 『全唐詩』では「題苜蓿峯寄家人」に作る。
  • 岑参 … 715~770。盛唐の詩人。湖北省江陵の人。天宝三載(744)、進士に及第。西域の節度使の幕僚として長く辺境に勤務したのち、けつかく州刺史・嘉州刺史などを歴任した。辺塞詩人として高適こうせきとともに「高岑」と並び称される。『岑嘉州集』七巻がある。ウィキペディア【岑参】参照。
苜蓿烽邊逢立春
苜蓿烽辺もくしゅくほうへん 立春りっしゅん
葫蘆河上涙沾巾
葫蘆河上ころかじょう なみだ きんうるお
閨中只是空相憶
閨中けいちゅうただこれむなしくあいおもうも
  • 只 … 『才調集』(『四部叢刊 初編集部』所収)等では「占」に作る。
  • 相憶 … 『岑嘉州集』(『四部叢刊 初編集部』所収)等では「思想」に作る。
不見沙場愁殺人
沙場さじょうひと愁殺しゅうさつするを
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行