>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   江行無題(銭起)

江行無題(銭起)

江行無題江行こうこう無題むだい
せん     
  • 五言絶句。登・僧(平声蒸韻)。
  • 江行 … 揚子江を下る。
  • 江行無題 … 『全唐詩』(巻239)では「江行無題一百首 其六十九」に作り、題下に「一作錢珝詩」との注がある。『全唐詩』(巻712、錢珝)に重出。
  • 銭起 … 710?~780?。中唐の詩人。呉興(浙江省)の人。あざなは仲文。郎士元とともに「銭郎」と称された。ウィキペディア【銭起】参照。
咫尺愁風雨
咫尺しせき 風雨ふうううれ
  • 咫尺 … ごく近い距離。
匡廬不可登
きょう のぼるべからず
  • 匡廬 … 廬山のこと。
祗疑雲霧窟
うたがう 雲霧うんむくつ
  • 雲 … 『全唐詩』(巻239、巻712)には「一作香」との注がある。
  • 窟 … 『唐詩別裁集』では「裏」に作る。
猶有六朝僧
六朝りくちょうそうらんかと
  • 六朝 … 今の南京を都とした六つの王朝、呉・東晋・宋・斉・梁・陳をいう。
  • 僧 … 慧遠や支遁などの高僧。廬山に住んでいた。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行