>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   終南山(王維)

終南山(王維)

終南山
終南山しゅうなんざん
おう
  • 五言律詩。隅・無・殊・夫(平声虞韻)。
  • 終南山 … 『全唐詩』には「題下一有行字、一作終山行」とある。『文苑英華』等では「終山行」に作る。
  • 王維 … 699?~761。盛唐の詩人、画家。太原(山西省)の人。あざなきつ。開元七(719)年、進士に及第。安禄山の乱で捕らえられたが事なきを得、乱後は粛宗に用いられてしょうじょゆうじょう(書記官長)まで進んだので、王右丞とも呼ばれる。また、仏教に帰依したため、詩仏と称される。『王右丞集』十巻(または六巻)がある。ウィキペディア【王維】参照。
太乙近天都
太乙たいいつ 天都てんとちか
  • 太乙 … 太乙峰。
  • 乙 … 『王右丞文集』『文苑英華』等では「一」に作る。
  • 天都 … 天帝の都。
連山到海隅
連山れんざん 海隅かいぐういた
  • 山 … 『文苑英華』等では「天」に作る。
  • 到 … 『全唐詩』では「接」に作り、「一作到」とある。
  • 海隅 … 東海のはて。
白雲廻望合
白雲はくうん のぞみをめぐらせばがっ
青靄入看無
青靄せいあい かんって
  • 青靄 … 青いもや。
分野中峯變
分野ぶんや 中峰ちゅうほうへん
  • 分野 … 古代の天文家が中国全域を天の二十八宿に従ってわけた区域。
  • 中峰 … 中央の峰。ここでは太乙峰を指す。
陰晴衆壑殊
陰晴いんせい 衆壑しゅうがくことなり
  • 陰晴 … くもりと晴れ。
  • 衆壑 … 多くの谷。
欲投人處宿
人処じんしょとうじて宿やどらんとほっ
  • 人処 … 人のいる所。
隔水問樵夫
みずへだてて樵夫しょうふ
  • 水 … 『文苑英華』等では「浦」に作る。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行