>   故事成語   >   さ行   >   井蛙には以て海を語るべからず

井蛙

井蛙せいあにはもっうみかたるべからず
  • 出典:『荘子』秋水
  • 解釈:井戸の中にすむかえる。世間知らずで、見識が狭い人。「井底せいてい」「の中のかわず大海たいかいを知らず」とも。
  • 荘子 … 10巻33篇。戦国時代の思想書。内篇は荘周、外篇・雑篇は後学の著作と考えられている。成立年代不詳。『老子』の思想を継承し、道家思想を発展させたもので、内篇の中の逍遥遊・斉物論の二篇が最も重要である。『なんしんきょう』とも。ウィキペディア【荘子 (書物)】参照。
北海若曰、井鼃不可以語於海者、拘於虚也。
北海若ほっかいじゃくわく、井蛙せいあにはもっうみかたるべからざるは、きょかかわればなり。
  • 虚 … 居に同じ。狭い場所。
夏蟲不可以語於氷者、篤於時也。
夏虫かちゅうにはもっこおりかたるべからざるは、ときあつければなり。
  • 夏虫 … 夏の虫。
曲士不可以語於道者、束於教也。
曲士きょくしもっみちかたるべからざるは、おしえにつかねらるればなり。
  • 曲士 … 片田舎の人。心が狭く曲がったことをする人。
今爾出於崖涘、觀於大海、乃知爾醜。
いまなんじ崖涘がいしよりで、大海たいかいすなわなんじしゅうる。
  • 崖涘 … 狭い小さな河岸。
爾將可與語大理矣。
なんじまさとも大理たいりかたるべからんとす。
  • 大理 … 大道の理。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ