>   故事成語   >   ま行   >   矛盾

矛盾

矛盾むじゅん
  • 出典:『かん難一なんいつ
  • 解釈:つじつまが合わないこと。楚の国にほこたてを売る男がいて、「この矛はどんな盾でも貫ける。この盾はどんな矛でも通さない」と自慢した。するとある者が「ならば、その矛でその盾を突いたらどうなるか」と問われ、答えられなかったという故事から。
  • 韓非子 … 20巻55篇。戦国時代末期の思想家で、厳格な法治主義を唱え、信賞必罰を行うことを主張したかん(?~前233)の著作を中心に、のちの法家一派の論を加えたもの。法による富国強兵と君主権の確立が説かれている。ウィキペディア【韓非子】参照。
楚人有鬻者。
ひとたてほことをひさものり。
  • 楚人 … 楚の国の人。国の下に「人」がつく場合は「じん」とは読まず、「ひと」と読む慣習がある。
  • 楯 … 「盾」と同じ。敵の攻撃を防ぐ道具。
  • 與(与) … 「と」と読み、「~と」と訳す。「楯与矛」は「楯と矛と」と読むが、「楯」に「と」と送り仮名をつけ、「与」が「矛と」の「と」となる。
  • 矛 … 両刃の剣に長い柄をつけた、やりのような武器。
  • 鬻 … 売る。
譽之曰、吾楯之堅、莫能陷也。
これめてわく、たてかたきこと、とおきなり、と。
  • 誉之 … 「之」は「楯」を指す。
  • 堅 … 堅いことといったら。
  • 能 … 「よく」と読み、「~できる」と訳す。可能の意を表す。
  • 陥 … 「とおす」と読む。突き破る。
  • 莫 … 「なし」と読み、「~ない」と訳す。「無」と同じ。
  • 也 … 「なり」と読む。断定を表す助字。
又譽其矛曰、吾矛之利、於物無不陷也。
またほこめてわく、ほこきこと、ものおいとおさざるきなり、と。
  • 利 … 鋭い。「なること」「するどきこと」と読んでもよい。
  • 於物 … どんな物であろうとも。
  • 無不~ … 「~ざるはなし」と読み、「~しないものはない」と訳す。二重否定。
或曰、以子之矛、陷子之楯何如。
あるひとわく、ほこもって、たてとおさば何如いかん、と。
  • 或 … 「あるひと」と読む。
  • 子 … 「し」と読む。ここでは、あなた。君。
  • 何如 … 「~(は・ば・こと)いかん」と読み、「~はどうなのか」と訳す。状態や程度などを問う。「何奈」「何若」も同じ。ちなみに「如何」(奈何・若何)は、「~(は・ば・こと)いかん(せん)」と読み、「~はどうしようか」と訳す。手段・方法などを問う。目的語がある場合は「如~何」と、間に目的語を入れる。
其人弗能應也。
ひとこたうるあたわざるなり。
  • 応 … 相手の問いに対して返答すること。
  • 弗 … 「~ず」と読み、「~しない」と訳す。単純否定。「不」と同じ。「ざラ・ざリ・ず・ざル・ざレ・ざレ」と活用する。
  • 弗能 … 「不能~」と同じ。「~(する)あたわず」と読み、「~できない」と訳す。「能」の否定形。
夫不可陷之楯、與無不陷之矛、不可同世而立。
とおすべからざるのたてと、とおらざるきのほことは、おなじくしてつべからず。
今堯舜之不可兩譽、矛楯之説也。
いまぎょうしゅんふたつながらむべからざるは、じゅんせつなり。
  • 堯 … 古代の伝説上の聖天子。名は放勲。舜を後継者として皇帝の位を譲った。ウィキペディア【】参照。
  • 舜 … 古代の伝説上の聖天子。堯から譲位を受け皇帝となった。ウィキペディア【】参照。
  • 両 … 「ふたつながら」と読む。二つとも。両方とも。
  • 堯舜之不可両誉 … 堯と舜を両方とも同時に聖人として誉めることができない。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ