>   故事成語   >   あ行   >   遠水は近火を救わず

遠水は近火を救わず

遠水えんすい近火きんかすくわず
  • 出典:『かん説林ぜいりん
  • 解釈:遠くにいくら水があっても、近くの火事を消すことはできない。遠方のものでは急ぎの役に立たないことのたとえ。
  • 韓非子 … 20巻55篇。戦国時代末期の思想家で、厳格な法治主義を唱え、信賞必罰を行うことを主張したかん(?~前233)の著作を中心に、のちの法家一派の論を加えたもの。法による富国強兵と君主権の確立が説かれている。ウィキペディア【韓非子】参照。
魯穆公使衆公子或宦於晉、或宦於荊。
穆公ぼくこう衆公子しゅうこうしをしてあるいはしんかんし、あるいはけいかんせしむ。
  • 宦 … 仕官。
犁鉏曰、假人於越而救溺子、越人雖善遊、子必不生矣。失火而取水於海、海水雖多、火必不滅矣。遠水不救近火也
犁鉏りしょわく、ひとえつよりりて溺子できしすくわんとせば、越人えつひとおよぐといえども、かならきざらむ。しっしてみずうみよりらば、海水かいすいおおしといえども、かならえざらむ。遠水えんすい近火きんかすくわざればなり。
今晉與荊雖強、而齊近。魯患其不救乎。
いましんけいとはつよしといえども、しかせいちかし。かんすくわれざらんか、と。
  • 患 … 心配。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ