>   その他   >   楚辞   >   九歌第二   >   (六)少司命

楚辞 きゅう第二 (六)しょうめい

秋蘭兮麋蕪 羅生兮堂下
しゅうらん麋蕪びぶと、どうせいす。
  • ウィキソース「九歌」参照。
  • 少司命 … 星神の名。寿命と運命を司るという。少司命は大司命を補佐する。大司命が男神、少司命が女神であると考えられる。
  • 秋蘭 … 香草の一つ。ふじばかま。ウィキペディア【フジバカマ】参照。
  • 麋蕪 … 香草の一つ。おんなかずら。
  • 羅生 … 網の目のように並んで生じる。
緑葉兮素枝 芳菲菲兮襲予
りょくよう素枝そしほう菲菲ひひとしておそう。
  • 芳 … 芳香。
  • 菲菲 … 香りが漂うさま。
夫人自有兮美子 蓀何以兮愁苦
ひとにはおのずから美子びしり、そんなにもっしゅうする。
  • 美子 … よい人。愛する人。恋人。よき配偶者。
  • 蓀 … 香草の名。ここでは相手の美称。あなた。
  • 愁苦 … 思い悩んで苦しむこと。
秋蘭兮青青 緑葉兮紫莖
しゅうらん青青せいせいたり、りょくようけいと、
滿堂兮美人 忽獨與余兮目成
満堂まんどうじんたちまひと目成もくせいす。
  • 美人 … ここでは美女ではなく、立派な君子の意。
入不言兮出不辭 乗回風兮載雲旗
るにものいわず、ずるにせず、回風かいふうりてうんつ。
悲莫悲兮生別離 樂莫樂兮新相知
かなしきはきながらべつよりかなしきはく、たのしきはあたらしくあいるよりたのしきはし。
荷衣兮蕙帶 儵而來兮忽而逝
ころもけいおびしゅくとしてきたり、こつとしてく。
夕宿兮帝郊 君誰須兮雲之際
ゆうべ帝郊ていこう宿やどり、きみたれをかくもはてつ。
與女遊兮九河 衝風至兮水揚波
なんじきゅうあそべば、しょうふういたってみずなみぐ。
  • この二句は古本になく、王逸の注もない。補注では「この二句は『河伯』章中の語なり」という。
與女沐兮咸池 晞女髮兮陽之阿
なんじかんもくし、なんじかみようかわかさん。
望美人兮未來 臨風怳兮浩歌
じんのぞめどもいまきたらず、かぜのぞんでこうとしてこうす。
  • 美人 … 大司命を指す。
  • 浩歌 … 大きい声で歌う。
孔蓋兮翠旍 登九天兮撫彗星
孔蓋こうがい翠旍すいせいと、きゅうてんのぼって彗星すいせいす。
竦長劔兮擁幼艾 蓀獨冝兮爲民正
ちょうけんりて幼艾ようがいようす。そんひとよろしくたみせいるべし。
九歌第二
(一)東皇太一 (二)雲中君
(三)湘君 (四)湘夫人
(五)大司命 (六)少司命
(七)東君 (八)河伯
(九)山鬼 (十)国殤
(十一)礼魂  
楚辞目次
九歌第二 卜居第六
漁父第七 惜誓第十一
招隠士第十二