>   その他   >   楚辞   >   漁父第七

楚辞 漁父第七

漁父ぎょ
屈原くつげん
  • 〔出典〕 〔北宋〕洪興祖『楚辞補注』巻七(『四部叢刊 初篇集部』所収)、〔南宋〕朱熹『楚辞集注』巻五、『文選』巻三十三、『古文真宝後集』巻一、『史記』巻八十四 屈原賈生列伝第二十四、他
  • 辞賦。清(tsieng)・醒(syeng)(耕部)。移(jiai)・波(pai)・醨(liai)・爲(hiuai)(歌部)。衣(iəi)・汶(miuən)(微文通韻)。白(beak)・蠖(uak)(鐸部)。清(tsieng)・纓(ieng)(耕部)。濁(deok)・足(tziok)(屋部)。※王力『诗经韵读 楚辞韵读』(中华书局、2014年)の《楚辞》入韵字音表(402~416頁)および467~468頁参照。
  • ウィキソース「漁父」参照。
  • 漁父 … 老漁夫。「父」は老人。「ぎょふ」と読んでもよいが、古くから「ぎょほ」と読み慣わしてきている。『古文真宝後集』では「漁父辞」に作る。
  • 楚の都のえいを追放された屈原が漁父に遇い、処世についての対話をした。現実に妥協して生きていくことを説く漁父に対し、あくまでも清廉潔白な生き方を屈原は貫こうとする。我が国において『楚辞』の中で古くから最も親しまれてきた一篇。
  • 屈原 … 前340?~前278?。戦国時代、楚の政治家・詩人。名はへい、原はあざな。楚の王族。懐王に信任され、三閭さんりょたいとして活躍。せいと同盟を結んでしんに対抗することを主張したが、讒言ざんげんによって追放され、べき(湖南省)に身を投じた。ウィキペディア【屈原】参照。
屈原旣放、游於江潭、行吟澤畔。顏色憔悴、形容枯槁。
屈原くつげんすではなたれて、江潭こうたんあそび、行〻ゆくゆく沢畔たくはんぎんず。がんしょくしょうすいし、形容けいようこうす。
  • 既放 … すでに追放されて。
  • 江潭 … 川の深いよどみ。
  • 游 … さまよい歩く。
  • 行吟 … 「行吟こうぎんす」と読んでもよい。歩きながら詩歌を口ずさむこと。
  • 沢畔 … 沢のほとり。
  • 顔色 … 顔色かおいろ
  • 憔悴 … 悩みや病気のためにやせ衰えること。やつれること。
  • 形容 … 身体つき。容貌。
  • 枯槁 … やせ衰えること。
漁父見而問之曰、子非三閭大夫與。何故至於斯。
ぎょこれいてわく、三閭さんりょたいあらずや。なんゆえここいたるや、と。
  • 漁父 … 老いた漁夫。「父」は老人。
  • 子 … あなた。
  • 三閭大夫 … 戦国時代、の官名。楚の王族のしょうくつけいの三氏を管理した。屈原は追放されるまでこの官職にあった。
  • 何故 … どうして。どういうわけで。
  • 至於斯 … 「こんな辺鄙な所に来られたのですか」と解釈する説と、「(どうして)こんな境遇になってしまったのですか」と解釈する説とがある。
屈原曰、
屈原くつげんわく、
舉世皆濁、我獨清、
げてみなにごり、われひとめり。
  • 世 … 世の中。
  • 挙 … 「こぞって」と読んでもよい。「すべて」「全部」と訳す。
  • 濁 … けがれている。欲深い。
  • 独 … 「ひとり~(のみ)」と読み、「ただ~だけ」「ひとりだけ~」と訳す。限定の意を示す。
  • 清 … 清らか。潔白。
衆人皆醉、我獨醒。
しゅうじんみない、われひとめたり。
  • 衆人 … 多くの人々。
  • 酔 … 物事の道理がわからなくなっている。正常な判断能力を失っている。
  • 醒 … 物事の道理を正しくわきまえている。
是以見放。
ここもっはなたる、と。
  • 是以 … 「ここをもって」と読み、「それゆえに」「だから」と訳す。「以是」は「これをもって」と読み、「この点から」「これにより」と訳す。
  • 見放 … 追放されたのです。「見」は受け身を表す助字。
漁父曰、
ぎょわく、
聖人不凝滯於物、而能與世推移。
聖人せいじんものぎょうたいせずして、すいす。
  • 聖人 … 物事の道理に達した人。ここでは、儒教的な聖人君子ではなく、老荘的な無為自然の道に達した人のことであろう。
  • 凝滞 … 物事に執着する。こだわる。拘泥する。
  • 世 … 世間。
  • 推移 … 移り変わる。世の中の動きに合わせて、自分の生き方も変えることができる。
世人皆濁、何不淈其泥而揚其波。
じんみなにごらば、なんどろにごしてなみげざる。
  • 何 … 「なんぞ」と読み、「どうして~か」と訳す。疑問の意を示す。
  • 淈其泥 … その泥をかき回して、にごす。「淈」は、ひっかき回す。にごす。汚れた世と一緒に生きていくこと。
  • 揚其波 … 濁った波を揚げようとしないのか。汚れた世間の人に同調すること。王逸の注に「浮沈を与にするなり」(與浮沈也)とある。
衆人皆醉、何不餔其糟而歠其醨。
しゅうじんみなわば、なんかすくらいてすすらざる。
  • 餔其糟 … 世間の人が酔ったその酒かすを食べる。「糟」は酒かす。「餔」は食べる。世間の人と同じ行動をとること。
  • 歠其醨 … その薄い酒をすする。「醨」は上ずみの酒。薄い酒。「歠」は、すする。世間の人ほどは酔わないが、自分を見失わない程度に同調すること。
  • 醨 … 底本では「釃」に作るが、『史記』『古文真宝後集』等に従い改めた。
何故深思髙舉、自令放爲。
なんゆえふかおもたかあがりて、みずかはなたれしむるをすや、と。
  • 何故 … どういうわけで。
  • 深思 … 国家の現状や君主のことを深刻に思い憂えること。
  • 高挙 … 俗世間を逃れて高潔な行動をすること。「挙」は挙動。
  • 自令放為 … 自分から追放を招くようなことをされたのですか。「令」は使役。
屈原曰、
屈原くつげんわく、
吾聞之、
われこれく、
  • 吾聞之 … 私はこういうことを聞いています。
新沐者必彈冠、新浴者必振衣。
あらたにもくするものかならかんむりはじき、あらたによくするものかならころもふるう、と。
  • 新沐者 … 髪を洗ったばかりの者。「新」は「~したばかり」の意。「沐」は髪を洗うこと。
  • 弾冠 … 冠の塵を払ってからかぶる。髪を汚さないようにするため。
  • 新浴者 … 湯浴みしたばかりの者。「浴」は湯浴みすること。湯に入って身体を洗うこと。
  • 振衣 … 衣服の塵を払ってから着る。
安能以身之察察、受物之汶汶者乎。
いずくんぞ察察さつさつたるをもって、もの汶汶もんもんたるものけんや。
  • 安 … 「いずくんぞ~ん(や)」と読み、「どうして~(する)のか、いや~ない」と訳す。反語の意を示す。
  • 察察 … 潔白なさま。重言(畳語)。
  • 汶汶 … 暗く汚れたさま。汚らわしいもの。
寧赴湘流、葬於江魚之腹中。
むし湘流しょうりゅうおもむきて、江魚こうぎょふくちゅうほうむられん。
  • 寧 … いっそのこと。
  • 湘流 … しょうこうの流れ。湘江は広西チワン族自治区に発して湖南省を北上し、しょうすいと合流して洞庭湖に注ぐ川。ウィキペディア【湘江】参照。
  • 赴 … 身を投げる。王逸の注に「自ら淵に沈むなり」(自沈淵也)とある。
  • 江魚 … 大きな川に棲む魚。かわざかな
  • 葬~腹中 … 餌食になること。
安能以皓皓之白、
いずくんぞ皓皓こうこうしろきをもってして、
  • 皓皓之白 … 潔白で汚れのないさま。「皓皓」は輝くばかりに白いさま。
而蒙世俗之溫蠖乎。
ぞくおんかくこうむらんや、と。
  • 温蠖 … どす黒く汚れたさま。底本では「塵埃」に作るが、『史記』に従い改めた。
  • 蒙 … 受ける。
漁父莞爾而笑、鼓枻而去、乃歌曰、
ぎょかんとしてわらい、えいしてり、すなわうたってわく、
  • 莞爾 … 男性がにっこりと笑うさま。女性の場合は「嫣然えんぜん」を使う。
  • 鼓枻 … かいを動かす。「枻」はかい。「鼓」は動かす。なお、「船べりを叩く」「櫂を音高く鳴らす」等の解釈もある。
  • 乃 … 底本にはないが、『楚辞集注』『文選』『古文真宝後集』にはあるので補った。
滄浪之水清兮
滄浪そうろうみずまば、
  • 滄浪 … 漢水の下流。ウィキペディア【漢江 (中国)】参照。
  • 清 … 水が澄む。
  • 滄浪之水清 … 世に正しい道が行われていることの喩え。
  • 兮 … 音は「ケイ」。調子を整える助字。訓読しない。『楚辞』や楚調の歌に多く用いられる。
可以濯吾纓
もっえいあらし、
  • 可以 … ~したらいい。~するのがよいだろう。
  • 濯吾纓 … かんむりひもを洗う。「纓」は冠の紐。出仕することの喩え。
滄浪之水濁兮
滄浪そうろうみずにごらば、
  • 滄浪之水濁兮 … 世が乱れて道が行われていないことの喩え。
可以濯吾足
もっあしあらし、と。
  • 濯吾足 … 自分の足を洗う。「濯」は足を洗うこと。官を辞して退去する。世間から逃れて住むこと。
遂去、不復與言。
ついって、ともわず。
  • 遂 … 「ついに」と読み、「そのまま」と訳す。「とうとう」の意味ではない。「とうとう」のときは、「卒」「終」などが用いられる。
  • 不復 … 「また~ず」と読み、「もう二度と~ない」と訳す。部分否定。ちなみに、「復不」は「また~ず」と読み、「今度もまた~しない」と訳す。全部否定。
  • 与言 … (漁父は)二度と(屈原と)言葉を交わすことがなかった。
楚辞目次
九歌第二 卜居第六
漁父第七 惜誓第十一
招隠士第十二