>   その他   >   楚辞   >   惜誓第十一

楚辞 惜誓せきせい第十一

惜余年老而日衰兮、歳忽忽而不反、登蒼天而高舉兮、歴衆山而日遠。
が年老いて日に衰うるをおしむ、とし忽忽こつこつとしてかえらず、蒼天そうてんに登りて高くあがり、衆山しゅうざんて日とおし。
觀江河之紆曲兮、離四海之霑濡、攀北極而一息兮、吸沆瀣以充虚、飛朱鳥使先驅兮、駕太一之象輿。
江河こうが紆曲うきょく、四海の霑濡てんじゅう、北極をじて一たびいこい、沆瀣こうかいを吸うてもって虚につ、朱鳥しゅちょうを飛して先駆せんくせしめ、太一たいいつ象輿ぞうよす。
蒼龍蚴虬於左驂兮、白虎騁而爲右騑、建日月以爲蓋兮、載玉女於後車、馳騖於杳冥之中兮、休息虖昆崙之墟。
蒼龍そうりょう左驂ささん蚴虬ゆうきゅうたり、白虎はくこせて右騑ゆうひとなる、日月じつげつを建ててもってがいとなし、玉女ぎょくじょ後車こうしゃす、杳冥ようめいの中に馳騖ちぶして、昆崙こんろんきょに休息す。
樂窮極而不猒兮、願從容虖神明、渉丹水而駝騁兮、右大夏之遺風、黄鵠之一舉兮、知山川之紆曲、再舉兮、睹天地之圜方。
たのしみ窮極きゅうきょくしてかず、願わくは神明しんめい従容しょうようたらん、丹水たんすいわたりて駝騁だていし、大夏たいか遺風いふうを右にす、黄鵠こうかくの一たび挙がる、山川さんせん紆曲うきょくを知り、再び挙がる、天地の圜方えんぽうる。
臨中國之衆人兮、託回飈乎尚羊、乃至少原之壄兮、赤松王喬皆在旁、二子擁瑟而調均兮、余因稱乎清商、澹然而自樂兮、吸衆氣而翱翔、念我長生而久僊兮、不如反余之故郷。
中国の衆人しゅうじんのぞみ、回飈かいひょう尚羊しょうようたくす、すなわち少原しょうげんに至れば、赤松せきしょう王喬おうきょうみなかたわらにあり、二子にししついだきて調ととのひとし、われよって清商せいしょうぐ、澹然たんぜんとしてみずから楽む、衆気を吸うて翱翔こうしょうす、わが長生して久僊きゅうせんせんことをおもえども、が故郷にかえるにしかず。
黄鵠後時而寄處兮、鴟梟羣而制之、神龍失水而陸居兮、爲螻蟻之所裁、夫黄鵠神龍猶如此兮、況賢者之逢亂世哉。
黄鵠こうこく時におくれて寄処きしょすれば、鴟梟しきょうむらがりてこれを制す、神龍しんりょう水を失いて陸居りくきょすれば、螻蟻ろうぎさいするところとなる、かの黄鵠こうこく神龍しんりょうなおかくのごとし、いわんや賢者の乱世にうをや。
壽冉冉而日衰兮、固儃回而不息、俗流從而不止兮、衆枉聚而矯直、或偷合而苟進兮、或隱居而深藏、苦稱量之不審兮、同權槩而就衡。
寿じゅ冉冉ぜんぜんとして日におとろう、まこと儃回せんかいしていこわず、俗流ぞくりゅう従ってとどまらず、衆枉しゅうおうあつまってなおきをむ、あるいは偷合とうごうしていやしくも進み、あるいは隠居して深くつつむ、称量しょうりょうつまびらかならざるを苦しむ、権槩けんがいを同じうしてたいらかなるく。
或推迻而苟容兮、或直言之諤諤、傷誠是之不察兮、并紉茅絲以爲索、方世俗之幽昏兮、眩白黒之美惡、放山淵之龜玉兮、相與貴夫礫石、梅伯數諫而至醢兮、來革順志而用國、悲仁人之盡節兮、反爲小人之所賊。
あるいは推迻すいいしていやしくもれられ、あるいは直言して諤諤がくがくたる、誠にこれをこれ察せず、茅絲ぼうしあわむすんでもってなわとなすをいたむ、ぞく幽昏ゆうこんあたって、白黒はくこく美悪びあくげんす、山淵さんえんぎょくを放って、あいともにかの礫石れきせきを貴ぶ、梅伯ばいはくはしばしばいさめてししびしおにせらるるに至り、来革らいかくは志に順じて国に用いらる、悲いかな仁人じんじんの節を尽して、かえって小人がそこなうところとなるを。
比干忠諫而剖心兮、箕子被髮而佯狂、水背流而源竭兮、木去根而不長、非重軀以慮難兮、惜傷身之無功。
かん忠諌ちゅうかんしてむねかれ、箕子きしはつこうむりて佯狂ようきょうせり、水はながれそむいてみなもとき、木はを去って長からず、を重んじてもってなんおもんぱかるにあらず、身をやぶるの功なきをしむ。
已矣哉獨不見、夫鸞鳳之高翔兮、乃集大皇之壄、循四極而回周兮、見盛徳而後下、彼聖人之神徳兮、遠濁世而自藏、使麒麟可得羈而係兮、又何以異虖犬羊。
やんぬるかな、ひとり見ずや、かの鸞鳳らんほうの高くかける、すなわち大皇たいこうり、四極しきょくめぐりて回周かいしゅうし、盛徳せいとくを見てのちにくだる、かの聖人の神徳しんとくある、濁世だくせいに遠ざかりてみずからかくる、麒麟きりんをしてまとうてつなぐをべからしめば、また何をもってか犬羊けんようことならん。
楚辞目次
九歌第二 卜居第六
漁父第七 惜誓第十一
招隠士第十二