>   その他   >   楚辞   >   招隠士第十二

楚辞 しょういん第十二

桂樹叢生兮山之幽、偃蹇連蜷兮枝相繚。
桂樹けいじゅ叢生そうせいせりやまゆう偃蹇えんけん連蜷れんけんしてえだあいまとう。
  • ウィキソース「楚辭/招隱士」参照。
  • 招隠士 … 山中に隠れ棲む隠者を招くこと。
  • 桂樹 … 肉桂の木。薬用・香料用となる。ウィキペディア【ニッケイ】参照。
  • 偃蹇 … 高く盛んなさま。
  • 連蜷 … うねりながら長く曲がるさま。
山氣巃嵸兮石嵯峨、谿谷嶄巖兮水曽波。
さんろうしょうしていし嵯峨さがたり、谿谷けいこく嶄巌ざんがんとしてみずかさねてなみたつ。
  • 巃嵸 … 山の雲気が盛んに起こるさま。
  • 嵯峨 … 岩が高く突き出て険しいさま。
  • 嶄巌 … 山がごつごつと切り立っているさま。
猨狖群嘯兮虎豹嘷、攀援桂枝兮聊淹留。
猨狖えんゆうぐんしょうしてひょうさけぶ、けいいていささえんりゅうす。
  • 猨狖 … 猿。「猨」は、木の枝を引っぱって木登りをする猿。手長猿。「狖」は、黒猿。尾長猿。
  • 群嘯 … 群れをなしてうそぶき鳴くこと。
  • 虎豹 … 虎や豹。
  • 淹留 … 一か所に長い間留まること。
王孫遊兮不歸、春草生兮萋萋。
王孫おうそんあそんでかえらず、しゅんそうしょうじて萋萋せいせいたり。
  • 王孫 … 帝王の子孫。貴公子。屈原を指す。
  • 萋萋 … 草がいっせいに茂るさま。
歳暮兮不自聊、蟪蛄鳴兮啾啾。
としれてみずかやすんぜす、けいいて啾啾しゅうしゅうたり。
  • 蟪蛄 … せみの一種。ツクツクボウシ。ウィキペディア【ツクツクボウシ】参照。
坱兮軋、山曲𡶒、心淹留兮恫慌忽。
おうとしてあつたり、やまきょく𡶒ふつし、こころえんりゅうしていたんで慌忽こうこつ たり。
罔兮沕、憭兮栗、虎豹穴。
もうとしてかくれ、りょうとしておののき、ひょうあな
叢薄深林兮人上慄。
叢薄そうはく深林しんりんひとのぼりておののく。
嶔岑碕礒兮、碅磳磈硊、樹輪相糾兮林木茷骫。
嶔岑きんしん碕礒きぎとして、碅磳きんそうかいたり、樹輪じゅりんあいまつわ林木りんぼくはいす。
青莎雜樹兮薠草靃靡、白鹿麏麚兮或騰或倚。
せいまじわり薠草はんそうすいたり、白鹿はくろくきんあるいはのぼあるいはる。
  • 靃靡 … 草が風に弱々しくなびいている様子。
狀貌崯崯兮峨峨、淒淒兮漇漇。
じょうぼう崯崯ぎんぎんとして峨峨ががたり、凄凄せいせいとして漇漇ししたり。
  • 状貌 … 姿かたち。容貌。
  • 貌 … 底本では「皃」に作るが、改めた。「皃」は「貌」の異体字。
獼猴兮熊羆、慕類兮以悲。
こうゆうるいしたってもっかなしむ。
  • 獼猴 … おおざる。
  • 熊羆 … 熊と、ひぐま。
攀援桂枝兮聊淹留。
けいいていささえんりゅうす。
虎豹鬪兮熊羆咆、禽獸駭兮亡其曹。
ひょうたたかゆうえ、きんじゅうおどろいてともがらうしなう。
  • 曹 … 仲間。
王孫兮歸來、山中兮不可以久留。
王孫おうそんかえきたれ、さんちゅうにはもっひさしくとどまるからず。
楚辞目次
九歌第二 卜居第六
漁父第七 惜誓第十一
招隠士第十二