>   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   登鸛鵲楼(王之渙)

登鸛鵲楼(王之渙)

登鸛鵲樓鸛鵲楼かんじゃくろうのぼる)
王之渙おうしかん     
  • 五言絶句。流・樓(平声尤韻)。
  • 鸛鵲楼 … 山西省永済県の西南にあった三層の角楼。「鸛雀楼」とも書く。ちなみに鸛雀(鵲)はコウノトリ。
  • 登鸛鵲樓 … 『全唐詩』巻二百五十三には、題下に「一作朱斌詩」との注がある。『全唐詩』巻二百三の朱斌の詩での題は「登樓」に作る。その題下には「一作王之渙詩」との注がある。
白日依山盡
白日はくじつ やまりて
  • 白日 … 「輝く昼の太陽」と「輝く夕陽」との二説ある。
黄河入海流
黄河こうが うみりてなが
  • 入 … 『文苑英華』には「一作徹」との注がある。
欲窮千里目
千里せんりきわめんとほっ
  • 目 … 眺望。
更上一層樓
さらにのぼる 一層いっそうろう
  • 一層 … 一階。この句全体の意味は「もう一階上の楼に上る」。
  • 層 …『全唐詩』卷二百三の朱斌「登樓」では「重」に作る。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行