>   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   登鸛鵲楼(王之渙)

登鸛鵲楼(王之渙)

登鸛鵲樓かんじゃくろうのぼる)
おうかん     
  • 五言絶句。流・樓(平声尤韻)。
  • 『全唐詩』巻253所収。ウィキソース「登鸛雀樓 (王之渙)」参照。
  • 鸛鵲楼 … 山西省永済県の西南にあった三層の角楼。「鸛雀楼」とも書く。「鸛雀(鵲)」は、コウノトリ。「楼」は、楼台。楼閣。
  • 登鸛鵲樓 … 『全唐詩』巻253には、題下に「一作朱斌詩」との注がある。『全唐詩』巻203の朱斌の詩での題は「登樓」に作る。その題下には「一作王之渙詩」との注がある。
  • 王之渙 … 688~742。盛唐の詩人。へいしゅう(山西省太原)の人。あざなりょう。辺境の風物を詠じた辺塞へんさい詩人として有名。ウィキペディア【王之渙】参照。
白日依山盡
白日はくじつ やまりて
  • 白日 … 「輝く真昼の太陽」と「輝く太陽(夕日)」との二説がある。高校教科書では後者を採っている。
  • 依山尽 … 「(輝く真昼の太陽の光が)山なみにもたれるように尽ききわまっている」と「(輝く夕日が)山に寄り添うように沈んでゆく」との二説がある。高校教科書では後者を採っている。
  • この句は、次の句と対句(白と黄、山と海)になっている。
黄河入海流
黄河こうが うみりてなが
  • 入海流 … はるかな海に流れ注いでゆく。「流れ海に入る」と読み替えたほうが理解しやすい。実際には、鸛鵲楼から黄河の流れが海に注ぎ込むところは見えない。ここでは黄河の流れの力強さを誇張したものであろう。
  • 入 … 『文苑英華』には「一作徹」との注がある。
欲窮千里目
せんきわめんとほっ
  • 千里 … ここでは、遥か彼方。実際の距離ではない。
  • 目 … ながめ。眺望。
  • 窮 … 見きわめる。眺め尽くす。
  • 欲 … 望む。願う。
  • この句は、次の句と対句(千と一)になっている。
更上一層樓
さらのぼる 一層いっそうろう
  • 更上 … さらに上にのぼる。
  • 一層 … 一階。鸛鵲楼は三層楼であったので、二階から最上階の三階へとのぼること。
  • 層 …『全唐詩』卷二百三の朱斌「登樓」では「重」に作る。
  • 更上一層楼 … もう一階上の楼にのぼる。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行