>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   観猟(王維)

観猟(王維)

觀獵
観猟かんりょう
おう
  • 五言律詩。城・輕・營・平(平声庚韻)。
  • 王維 … 699?~761。盛唐の詩人、画家。太原(山西省)の人。あざなきつ。開元七(719)年、進士に及第。安禄山の乱で捕らえられたが事なきを得、乱後は粛宗に用いられてしょうじょゆうじょう(書記官長)まで進んだので、王右丞とも呼ばれる。また、仏教に帰依したため、詩仏と称される。『王右丞集』十巻(または六巻)がある。ウィキペディア【王維】参照。
風勁角弓鳴
かぜつよくして角弓かっきゅう鳴り
  • 角弓 … 動物の角で飾った弓。
  • 勁 … 『全唐詩』には「一作動」とある。
將軍獵渭城
将軍しょうぐん 渭城いじょうりょう
  • 渭城 … 地名。今の陝西省咸陽市。
草枯鷹眼疾
くされて鷹眼ようがんはや
  • 鷹眼 … 鷹の眼。
雪盡馬啼輕
ゆききて馬啼ばていかろ
忽過新豐市
たちま新豊しんぽう
  • 新豊 … 町の名。長安の東北にある。
還歸細柳營
細柳さいりゅうえいかえ
  • 細柳 … 町の名。長安の西北にある。
囘看射鵰處
ちょうところかえれば
  • 射鵰 … 鵰は大鷲。『全唐詩』には「一作落雁、一作失雁」とある。
千里暮雲平
せん うんたいらかなり
  • 暮雲 … 夕ぐれの雲。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行