>   故事成語   >   た行   >   虎の威を借る狐

虎の威を借る狐

とらきつね
  • 出典:『戦国策』楚策
  • 解釈:力のないものが他人の権勢に頼って威張ること。「虎の威を借る」「虎の威を仮る」とも。
荊宣王問群臣曰、吾聞北方之畏昭奚恤也。果誠何如。群臣莫對。
けい宣王せんおう群臣ぐんしんいていわく、われ北方ほっぽう昭奚恤しょうけいじゅつおそるるをく。たしてまこと何如いかん、と。群臣ぐんしんこたうるし。
  • 荊 … 楚の国。
  • 昭奚恤 … 楚の宰相。
江乙對曰、虎求百獸而食之。得狐。狐曰、子無敢食我也。天帝使我長百獸。今、子食我、是逆天帝命也。子以我爲不信、吾爲子先行。子隨我後觀。百獸之見我、而敢不走乎。虎以爲然。故遂與之行。獸見之皆走。虎不知獸畏己而走也。以爲畏狐也。
江乙こういつこたえていわく、とら百獣ひゃくじゅうもとめてこれらう。きつねたり。きつねいわく、えてわれらうことかれ。天帝てんていわれをして百獣ひゃくじゅうちょうたらしむ。いまわれらわば、天帝てんていめいさからうなり。われもっしんならずとさば、われため先行せんこうせん。うしろにしたがいてよ。百獣ひゃくじゅうわれて、えてはしらざらんや、と。とらもっしかりとす。ゆえついこれく。じゅうこれはしる。とらじゅうおのれおそれてはしるをらざるなり。以為おもえらくきつねおそるるなり、と。
  • 江乙 … 魏出身。昭奚恤のライバル。
今、王之地、方五千里、帶甲百萬、而專屬之昭奚恤。故北方之畏奚恤也、其實畏王之甲兵也、猶百獸之畏虎也。
いまおうほう五千里ごせんり帯甲たいこう百万ひゃくまんありて、もっぱこれ昭奚恤しょうけいじゅつしょくす。ゆえ北方ほっぽう奚恤けいじゅつおそるるは、じつおう甲兵こうへいおそるること、百獣ひゃくじゅうとらおそるるがごときなり、と。
  • 帯甲 … よろいを着た兵士。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ