>   故事成語   >   ら行・わ   >   梁上の君子

梁上の君子

梁上りょうじょうくん
  • 出典:『かんじょちんしょく
  • 解釈:盗賊・泥棒のこと。後漢のちんしょくが、はりの上に盗賊が潜んでいることを知り、子どもや孫たちを呼んで、「悪人も生れつき悪人ではない。悪い習慣によってとうとう悪人になってしまったのだ。梁の上の君子がそれだ」と説いて聞かせた。それを聞いた盗賊は梁の上から降りて来て謝罪し、改心したという故事から。
  • 後漢書 … 後漢の歴史を記した歴史書。120巻。宋の范曄はんよう(398~445)の著。二十四史の一つ。ウィキペディア【後漢書】参照。
時歳荒民倹。
ときとしれてたみけんなり。
  • 歳荒 … 凶作。その年の穀物が実らないこと。「歳荒さいこうにして」と読んでもよい。
  • 倹 … 生活が苦しい。貧しい。
有盜夜入陳寔室、止於梁上。
とうりてよるちんしょくしつり、梁上りょうじょうとどまる。
  • 盗 … 盗賊。泥棒。
  • 陳寔 … 104~187。後漢の官吏。潁川えいせん(河南省)の人。あざなは仲弓。ウィキペディア【陳寔】参照。
  • 室 … 部屋。
  • 梁上 … はりの上。
寔陰見、乃起自整拂、呼命子孫、正色訓之曰、夫人不可不自勉。
しょくひそかにて、すなわちてみずか整払せいふつし、びてそんめいじ、いろただこれおしえてわく、ひとみずかつとめざるべからず。
  • 陰 … ひそかに。こっそりと。
  • 乃 … 「すなわち」と読み、「そこで」と訳す。
  • 自 … 「みずから」と読み、「自分で」「自分から」と訳す。
  • 整払 … 身なりをきちんと整える。
  • 子孫 … 子どもや孫たち。
  • 命 … (自分の部屋に集まるよう)命じる。
  • 正色 … 顔つきを改める。表情を引き締める。
  • 之 … 子孫を指す。
  • 訓 … 言い聞かせる。教え諭す。
  • 夫 … 「それ」と読み、「そもそも」と訳す。文頭におかれる。
  • 不可不自勉 … 努力しないわけにはいかない。努力しなければならない。
  • 不可不 … 「~ざるべからず」と読み、「~しないわけにはいかない」「~しなければならない」と訳す。二重否定。
不善之人未必本惡。習以性成、遂至於此。
ぜんひとも、いまかならずしももとよりあくならず、ならせいもっり、ついここいたる。
  • 不善 … よくないこと。
  • 未必本悪 … 必ずしももとから悪いとは限らない。生れつき悪いわけではない。
  • 未必 … 「いまだかならずしも~ず」と読み、「必ずしも~とは限らない」と訳す。部分否定。「未」は再読文字。
  • 本 … 生れつき。
  • 習以性成 … 習慣が本性のようになる。「以」は「与」と同じで、「~と」と読んでもよい。
  • 遂 … 「ついに」と読み、「かくして」「その結果」と訳す。
  • 此 … 悪人になったことを指す。
梁上君子者是矣。
梁上りょうじょうくんれなり、と。
  • 梁上君子 … はりの上にいる紳士。
  • 者 … 「~は」と読む。
  • 是 … 「不善之人~遂至於此」の内容を指す。
盜大驚、自投於地、稽顙歸罪。
とうおおいにおどろき、みずかとうじて、稽顙けいそうしてつみす。
  • 自投於地 … 自分から下に飛び降りた。
  • 稽顙 … ひたいを地につけて礼する。「けい」は地につける。「そう」はひたい。「稽首けいしゅ」も同じ。
  • 帰罪 … 罪を白状する。
寔徐譬之曰、視君状貌不似惡人。
しょくおもむろにこれさとしてわく、きみじょうぼうるに、悪人あくにんず。
  • 徐 … 穏やかに。静かに。ゆっくりと。
  • 之 … 盗賊を指す。
  • 譬 … 教え諭す。
  • 状貌 … 顔かたち。容貌。
  • 不似 … 「~ににず」と読み、「~のようではない」「~らしくない」と訳す。
宜深剋己反善。
よろしくふかおのれちてぜんかえるべし。
  • 宜 … 「よろしく~べし」と読み、「当然~するのがよい」と訳す。再読文字。
  • 剋己 … 自分に打ち勝つ。「剋」は「克」と同じ。
  • 反 … 戻る。「返」と同じ。
然此當由貧困。
しかれどもまさ貧困ひんこんるべし、と。
  • 然 … 「しかれども」と読み、「しかしながら」「そうではあるが」と訳す。逆接の意を示す。
  • 此 … 盗みを働こうとしたことを指す。
  • 当 … 「まさに~べし」と読み、「~に違いない」「~であろう」と訳す。再読文字。推量の意を示す。
  • 由 … 由来する。
令遺絹二匹。
きぬひきおくらしむ。
  • 令 … 「~(せ)しむ」と読み、「~させる」と訳す。使役を表す。
  • 匹 … 布地を数える単位。一匹は布二たんのこと。「疋」とも書く。
  • 遺 … 与えた。
自是一縣無復盜竊。
れより一県いっけん盗窃とうせつし。
  • 自 … 「より」と読み、「~から」と訳す。返読文字。時間・場所などの起点を示す。
  • 一県 … (陳寔がいた)その県じゅう。
  • 無復 … 「また~なし」と読み、「二度とは~しない」と訳す。部分否定。「不復」と同じ。
  • 盗窃 … 盗み。窃盗。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ