>   故事成語   >   あ行   >   石に漱ぎ流れに枕す

石に漱ぎ流れに枕す

いしくちすすながれにまくら
  • 出典:『晋書しんじょ』孫楚伝
  • 解釈:負け惜しみが強いことのたとえ。理屈をつけて言いのがれるときにもいう。
楚少時欲隱居。謂濟曰、當欲枕石漱流、誤云漱石枕流
わかとき隠居いんきょせんとほっす。せいいてうに、まさいしまくらながれにくちすすがんとほっすというべきに、あやまりていしくちすすながれにまくらすとう。
  • 楚 … 孫楚。西晋の文人。
  • 済 … 王済。西晋の文人。
濟曰、流非可枕。石非可漱。
せいわく、ながれはまくらすべきにあらず。いしくちすすぐべきにあらず、と。
楚曰、所以枕流、欲洗其耳。所以漱石、欲厲其齒。
わく、ながれにまくらする所以ゆえんは、みみあらわんとほっすればなり。いしくちすす所以ゆえんは、みがかんとほっすればなり、と。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ