>   故事成語   >   ま行   >   孟母断機

孟母断機

もうだん
  • 出典:『列女れつじょでん』母儀・鄒孟軻母
  • 解釈:孟子の母が、学業を途中で帰って来た孟子に、学業を途中でやめることはこれと同じだと、はたで織りかけていた糸を断ち切って戒めたという故事。「断機の戒め」とも。
  • 列女伝 … 8巻。前漢末の劉向りゅうきょう撰。古代の女性を七種類に分け、伝記や逸話などを集めたもの。ウィキペディア【列女伝】参照。
孟子之少也、既學而歸、孟母方織。
もうわかきとき、すでまなびてかえるに、もうまさる。
  • 孟子 … 前372?~前289。戦国時代の儒教の思想家。魯のすう(今の山東省鄒城市)の人。名はあざな子輿しよ。亜聖ともいわれる。性善説を主張した。ウィキペディア【孟子】参照。
  • 少 … 若い。
  • 既 … (勉強に)区切りをつけて。
  • 方 … 「まさに」と読み、「ちょうどそのとき」と訳す。
  • 織 … はたを織る。
問曰、學何所至矣。
いてわく、がくいずれにいたところぞ、と。
  • 学何所至 … 学問はどこまで進んだか。
  • 何 … 「いずれに~ぞ」と読み、「どこまで~か」と訳す。
孟子曰、自若也。
もうわく、じゃくたり、と。
  • 自若 … もとのまま。少しの変化もないこと。
孟母以刀斷其織。
もうとうもっしょくつ。
  • 織 … 織っていた布。
  • 断 … 断ち切る。
孟子懼而問其故。
もうおそれてゆえう。
  • 懼 … 驚き恐れる。
  • 故 … 理由。
孟母曰、子之廢學、若吾斷斯織也。
もうわく、がくはいするは、われしょくつがごときなり。
  • 子 … あなた。成人した男子に対する敬称。
  • 廃 … やめる。
  • 断 … 断ち切る。
  • 若 … 「~のごとし」と読み、「~のようだ」と訳す。比況を表す。
夫君子學以立名、問則廣知。
くんまなびてもって、いてすなわひろむ。
  • 夫 … 「それ」と読み、「そもそも」と訳す。文頭におかれる。
  • 君子 … 人の上に立つ者。
  • 立名 … 名をあげる。評判になる。
  • 問 … (人に)問いかける。尋ねる。
  • 広知 … 知識を広める。見識を広める。
是以居則安寧、動則遠害。
ここもっらばすなわ安寧あんねいうごかばすなわがいとおざかる。
  • 是以 … 「ここをもって」と読み、「それだから」「こういうわけで」「このゆえに」「それゆえに」と訳す。「以是」は「これをもって」と読み、「この点から」「これにより」「これを用いて」と訳す。
  • 居 … 仕官しておらず、家にいること。
  • 安寧 … 心安らかなこと。
  • 動 … 仕官して活躍すること。
  • 害 … 災い。災難。障害。
今而廢之、是不免於廝役、而無以離於禍患也。
いまにしてこれはいするは、えきよりまぬがれずして、もっかんよりはなるるきなり。
  • 之 … 学問を指す。
  • 廝役 … 雑役。召使として雑用をさせられること。
  • 禍患 … 災難。
何以異於織績而食、中道廢而不爲。
なにもっしょくせきしてしょくするに、ちゅうどうにしてはいしてさざるにことならんや。
  • 何以異 … どうして違いがありましょうか(いや、違いはない)。
  • 何以 … 「なにをもって(か)~ん(や)」と読み、「どうして~(する)のか、いや~(し)ない」と訳す。反語形。
  • 織績 … 織りつむぐ。織物を織る。
  • 食 … 生計を立てる。
  • 中道 … 途中。
  • 廃 … やめる。
寧能衣其夫・子、而長不乏糧食哉。
いずくんぞせて、なが糧食りょうしょくとぼしからざらしめんや。
  • 寧 … 「いずくんぞ~ん(や)」と読み、「どうやって~するのか、いや~できない」と訳す。反語形。
  • 其夫・子 … 自分の夫や子ども。
  • 衣 … 衣服を着せる。動詞。
  • 糧食 … 食べ物。
  • 乏 … 欠乏する。ひもじい思いをする。
女則廢其所食、男則墮於脩德、不爲竊盗、則爲虜役矣。
おんなすなわしょくするところはいし、おとこすなわとくおさむるをおこたらば、窃盗せっとうさずんば、すなわ虜役りょえきらん、と。
  • 其所食 … 食べていくための仕事。
  • 脩徳 … 学んで徳を身につける。学問をして人格を養う。
  • 堕 … 怠る。なまける。
  • 虜役 … 召使。使用人。
孟子懼、旦夕勤學不息。
もうおそれ、旦夕たんせきがくつとめてまず。
  • 懼 … 驚き恐れる。
  • 旦夕 … 朝となく夕となく。終日。
  • 息 … 休む。
師事子思、遂成天下之名儒。
子思ししし、ついてん名儒めいじゅれり。
  • 子思 … 春秋時代、魯の学者。姓は孔、名はきゅう。孔子の孫で、の子。子思はあざなそうに学んだ。ウィキペディア【子思】参照。
  • 名儒 … すぐれた儒学者。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ