>   故事成語   >   は行   >   木鐸

木鐸

木鐸ぼくたく
  • 出典:『論語』八佾第三24
  • 解釈:法令などを人民に伝えるために鳴らした木の舌のある鈴。軍事には金鐸を使い、文事には木鐸を使った。転じて、世間の人々を導く指導者。
儀封人請見。曰。君子之至於斯也。吾未嘗不得見也。從者見之。出曰。二三子。何患於喪乎。天下之無道也久矣。天將以夫子爲木鐸
封人ほうじんまみえんことをう。いわく、君子くんしここいたるや、われいまかつまみゆることをずんばあらざるなり。従者じゅうしゃこれまみえしむ。でていわく、二三子にさんしなんうしなうことをうれえんや。天下てんかみちきやひさし。てんまさ夫子ふうしもっ木鐸ぼくたくさんとす。
  • 儀 … 地名。場所はよくわからないが、衛の国境近くにあった町といわれている。
  • 封人 … 国境を守る役人。
  • 請見 … 会見することを願う。
  • 君子 … 立派な人。
  • 斯 … 「此」と同じ。儀の町を指す。
  • 得見 … 国境を通る賢者にお目にかかることができた。
  • 従者 … 孔子の弟子たち。
  • 見之 … 封人を孔子に会見させた。
  • 二三子 … 皆さんがた。年長者が若者たちを呼ぶ言葉。
  • 喪 … 地位を失い、国を去って流浪の旅をしていること。
  • 天下 … この世。世界。
  • 無道 … 道徳・道義が失われて行われない。
  • 夫子 … 学問や徳のある年長者に対する敬称。先生。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「八佾第三24」を参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ