>   故事成語   >   あ行   >   一箪の食、一瓢の飲

一箪の食、一瓢の飲

一箪いったん一瓢いっぴょういん
  • 出典:『論語』雍也第六9
  • 解釈:そまつな食事。転じて、清貧に甘んじて生活することのたとえ。
子曰。賢哉回也。一簞食一瓢飮。在陋巷。人不堪其憂。回也不改其樂。賢哉回也。
いわく、けんなるかなかいや。一箪いったん一瓢いっぴょういん陋巷ろうこうり。ひとうれいにえず。かいたのしみをあらためず。けんなるかなかいや。
  • 賢哉回也 … えらいものだよ、回は。
  • 回 … 孔子の第一の弟子。顔回。
  • 一箪 … 一椀のめし。箪は竹であんだ丸い飯びつ。
  • 一瓢 … 一椀の汁。瓢はひょうたんを二つに割った汁入れ。
  • 陋巷 … 狭くてむさくるしい町すじ。
  • 在 … 住んでいる。
  • 人不堪 … 普通の人は堪えられない。
  • 其憂 … そのような貧苦。
  • 不改 … 改めない。つらぬき通そうとする。
  • 其楽 … 道を学んで楽しむこと。
  • 詳しい注釈や現代語訳については「雍也第六9」参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ