>   故事成語   >   さ行   >   刃を迎えて解く

刃を迎えて解く

じんむかえて
  • 出典:『晋書しんじょ杜預どよ
  • 解釈:竹を割るとき、最初の節を少し割ると、あとは下まで自然に簡単に割れていくように、勢力が強く、苦労しないで敵を破ることのたとえ。
今兵威已振。譬如破竹、數節之後、皆迎刃而解。無復著手處也。
いま兵威へいいすでるう。たとえばたけやぶるがごとく、数節すうせつのちじんむかえてく。くるところきなり。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ