>   故事成語   >   ら行・わ   >   隴を得て蜀を望む

隴を得て蜀を望む

ろうしょくのぞ
  • 出典:『かんじょ』岑彭伝、『晋書しんじょ』宣帝紀、『十八史略』東漢
  • 解釈:欲をいえばきりがないことのたとえ。
  • 後漢書 … 後漢の歴史を記した歴史書。120巻。宋の范曄はんよう(398~445)の著。二十四史の一つ。ウィキペディア【後漢書】参照。
〔後漢書、岑彭伝〕
兩城若下、便可將兵南撃蜀虜。人苦不知足。既平隴復望蜀。毎一發兵、頭鬚爲白。
両城りょうじょうくだらば、便すなわへいひきいてみなみのかた蜀虜しょくりょつべし。ひとるをらざるにくるしむ。すでろうたいらげてしょくのぞむ。ひとたびへいはっするごとに、頭鬚とうしゅためしろし。
  • 頭鬚 … 頭髪とひげ。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ