>   故事成語   >   は行   >   文質彬彬

文質彬彬

文質ぶんしつ彬彬ひんぴん
  • 論語 … 孔子(前552~前479)とその門弟たちの言行録。四書の一つ。十三経の一つ。二十編。儒家の中心的経典。我が国へは応神天皇の代に伝来したといわれている。ウィキペディア【論語】参照。
子曰。質勝文則野。文勝質則史。文質彬彬。然後君子。
いわく、しつぶんてばすなわぶんしつてばすなわなり。文質ぶんしつ彬彬ひんぴんとして、しかのちくんなり。
  • 質 … 素朴。質朴。
  • 勝 … まさる。
  • 文 … 装飾。飾る。教養による外面的な美しさ。
  • 野 … 粗野。いなか者。野人。
  • 史 … 記録をつかさどる役人。表面を飾るだけで誠実さに欠ける。
  • 彬彬 … 「ひんぴん」と読む。外観・内容ともに整って盛んなようす。
  • 然後 … そうしてはじめて。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「雍也第六16」参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ