>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   寄韓鵬(李頎)

寄韓鵬(李頎)

寄韓鵬
韓鵬かんぽう
李頎りき
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻四、『全唐詩』巻一百三十四、趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻十二(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)、『古今詩刪』巻二十二、寛保三年刊(『和刻本漢詩集成 総集篇9』所収、60頁)、『唐詩品彙』巻四十八、『唐人万首絶句選』巻三、他
  • 七言絶句。閒・還・山(平声刪韻)。
  • ウィキソース「寄韓鵬」参照。
  • 詩題 … 韓鵬という人物については不明であるが、詩の内容から推察して、今の山西省臨汾市辺りの県令をしていた人のように思われる。
  • 鵬 … 『唐人万首絶句選』では「朋」に作る。
  • 寄 … 詩を人に託して送り届けること。「贈」は、詩を直接手渡すこと。
  • この詩は、韓鵬という人物に贈ったもの。神仙へのあこがれを詠んでいる。
  • 李頎 … 690~751?。盛唐の詩人。本籍は趙州ちょうしゅう(河北省趙県)の人。開元二十三年(735)、進士に及第。新郷(河南省)の尉となったが、官を辞し、神仙を慕って隠棲生活を送ったという。ウィキペディア【李キ】参照。
爲政心閒物自閒
まつりごとすにこころしずかなればものおのずからしずかなり
  • 為政 … 政治を行うのに。政務を執り行うのに。『論語』為政篇に「まつりごとすにとくもってす」(爲政以德)とある。ウィキソース「論語/爲政第二」参照。
  • 間 … 心静かに、のんびりしているならば。閑に同じ。『万首唐人絶句』『古今詩刪』『唐詩品彙』『唐人万首絶句選』では「閑」に作る(二箇所)。
  • 物自間 … 物事すべてが自然に静かに治まってゆくものである。物は、事物。
朝看飛鳥暮飛還
あしたちょう くれかえ
  • 朝 … あさ。
  • 看 … 見る。
  • 飛鳥 … ねぐらを飛び立っていった鳥。
  • 暮飛還 … 夕暮れにまた飛び帰って来る。楊方の「合歓ごうかん五首 其三」(『玉台新詠』巻三)に「じんきたるをず、ちょうかえるをる」(不覩佳人來、但見飛鳥還)とある。ウィキソース「合歡詩」参照。
寄書河上神明宰
しょす じょうなる神明しんめいさい
  • 寄書 … 手紙を書き送る。
  • 河上 … 黄河のほとり。韓鵬の任地を指すが、また姑射山の関係から汾河のほとりの意もある。さらに河上公という言葉にも掛けている。漢の文帝の時、黄河のほとりに河上公という隠者が住んでおり、『老子』を愛読していたが、実は仙人であったという伝説を踏まえる。『神仙伝』河上公の条に「河上公は、其の姓名を知る莫し。漢の孝文帝の時、草を結びていおりを河の浜につくる。常に老子道徳経を読む。時に文帝、老子の道を好む。……帝、経中に於いて疑義有り、人能く通ずる莫し、侍郎裴楷奏して云く、陜州の河上に人有り、老子を誦す。即ち詔使を遣わして疑義する所をもたらし之に問わしむ。公曰く、道は尊く徳は貴し。遥かに問う可きに非ざるなり、と。帝、即ちよみし幸して之に詣る。公、庵中に在りて出でず。……公、即ちたなごころち坐して躍れば、冉冉ぜんぜんとして空虚の中に在り、地を去ること百余尺にして、虚空に止まる」(河上公者、莫知其姓名也。漢孝文帝時、結草爲庵於河之濱。常讀老子道德經。時文帝好老子之道。……帝於經中有疑義、人莫能通、侍郎裴楷奏云、陜州河上有人誦老子。即遣詔使賫所疑義問之。公曰、道尊德貴。非可遙問也。帝即嘉幸詣之。公在庵中不出。……公即拊掌坐躍、冉冉在空虛之中、去地百余尺、而止於虛空)とある。ウィキソース「神仙傳/卷八」参照。
  • 神明宰 … 神のように賢明な県令。神明は、賢くて神業のような働きをすること。宰は、地方長官。県令。ここでは韓鵬を指す。漢の班伯は定襄の太守となったとき、盗賊を十日間でみな捕えたため、神明と称された。『漢書』叙伝に「即ち伯を拝して定襄の太守と為す。……共に伯を諫む、宜しく頗る盗賊を摂録すべき、つぶさに本謀の亡匿する処をもうす。……じゅんじつことごとく得たり。郡中震栗しんりつし、みな神明なりと称す」(即拜伯爲定襄太守。……共諫伯、宜頗攝錄盜賊、具言本謀亡匿處。……旬日盡得。郡中震栗、咸稱神明)とある。ウィキソース「漢書/卷100上」参照。ウィキペディア【班伯】(中文)参照。また黄覇は潁川えいせんの太守となり、官吏と民衆はみな神明と称えたという。同じく循吏伝に「宣帝、詔を下して曰く、御史に制詔す、其れ賢良の高第揚州刺史霸を以て潁川の太守と為す。……其れ事を識り聡明なること此の如し、吏民出ずる所を知らず、みな神明なりと称す」(宣帝下詔曰、制詔御史、其以賢良高第揚州刺史霸爲潁川太守。……其識事聰明如此、吏民不知所出、咸稱神明)とある。ウィキソース「漢書/卷089」参照。ウィキペディア【黄覇】参照。また晋の陸雲は浚儀県(今の河南省開封市)の令となったとき、県中の人々はその善政を称えて神明と言ったという。『晋書』陸雲伝に「雲、あざなは士竜、……出でて浚儀の令に補す。……ここいて一県其れ神明なりと称す。……雲、乃ち官を去る。百姓追いて之を思い、形象を図画して、県社に配食す」(雲字士龍、……出補浚儀令。……於是一縣稱其神明。……雲乃去官。百姓追思之、圖畫形象、配食縣社)とある。ウィキソース「晉書/卷054」参照。 ウィキペディア【陸雲】参照。
羨爾城頭姑射山
うらやむ なんじじょうとう姑射こややま
  • 羨 … 羨ましく思う。また羨爾は、「せんす」と読むこともできる。爾は助字。
  • 爾 … 君の(治める)。
  • 城頭 … 町の辺り。町の付近。城は、城壁で囲まれた町全体。城市。
  • 姑射山 … 一名藐姑射はこや山。今の山西省臨汾市の西北にある山。仙人が住んでいるという。『山西通志』山川、平陽府、臨汾県の条に「姑射山は県の西三十五里に在り」(姑射山在縣西三十五里)とある。ウィキソース「山西通志 (四庫全書本)/卷018」参照。また『山海経』東山経・東次二経に「又南三百八十里を、姑射の山と曰う。草木無く、水多し」(又南三百八十里、曰姑射之山。無草木、多水)とある。ウィキソース「山海經/東山經」参照。また『荘子』逍遙遊篇に「藐姑射の山に神人しんじん有りて居る。肌膚きふは氷雪の若く、しゃくやくとして処子の若し」(藐姑射之山有神人居焉。肌膚若冰雪、淖約若處子)とある。ウィキソース「莊子/逍遙遊」参照。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行