>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   宿瑩公禅房聞梵(李頎)

宿瑩公禅房聞梵(李頎)

宿瑩公禪房聞梵瑩公えいこう禅房ぜんぼう宿しゅくしてぼんく)
     
  • 七言律詩。微・稀・機・飛・依(平声微韻)。
  • 瑩公 … 僧の名。人物については不明。
  • 禅房 … 禅宗の寺。
  • 梵 … 梵唄ぼんばい。経文に節をつけて読むこと。
  • 李頎 … 690~751?。盛唐の詩人。東川(今の雲南省会沢)の人。ウィキペディア【李キ】参照。
花宮仙梵遠微微
花宮かきゅう仙梵せんぼん とおくして微微びびたり
  • 花宮 … 仏陀の住んだ蓮花れんげ宮。瑩公の禅房を指す。
  • 仙梵 … 読経の声をたたえた言葉。
月隱高城鐘漏稀
つき高城こうじょうかくれて鐘漏しょうろうまれなり
  • 高城 … 高い城壁。
  • 鐘漏 … 時を知らせる鐘の音や水時計の音。
夜動霜林驚落葉
よる 霜林そうりんうごかして落葉らくようおどろ
曉聞天籟發清機
あかつき 天籟てんらいいて清機せいきひら
  • 天籟 … 自然界の音響。自然になる風の音。
  • 清機 … 清らかな心の働き。清浄な悟りの境地に入る機縁。
蕭條已入寒空靜
蕭条しょうじょうとしてすで寒空かんくうりてしずまり
  • 蕭条 … ものさびしく静かな様子。
颯沓仍隨秋雨飛
颯沓さっとうとして秋雨しゅううしたがって
  • 颯沓 … 物が多くて盛んなさま。
始覺浮生無住著
はじめてさとる 浮生ふせい 住著じゅうじゃくきを
  • 浮生 … はかない人生。
  • 住著 … 一処に停滞すること。物事に執著すること。著は助詞。
頓令心地欲歸依
とみ心地しんちをして帰依きえせんとほっせしむ
  • 頓 … 急に。にわかに。
  • 心地 … 仏教で、心のことをいう。
  • 帰依 … 仏道を信仰して、仏にすがること。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行