>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   題璿公山池(李頎)

題璿公山池(李頎)

題璿公山池璿公せんこう山池さんちだいす)
     
  • 七言律詩。岑・林・心・深・尋(平声侵韻)。
  • 璿公 … 僧侶の敬称。人物については不明。王維の詩「璿上人にえっす」と同一人物か。ウィキソース「謁璿上人」(『全唐詩』巻125)参照。
  • 山池 … 山や池。
  • 李頎 … 690~751?。盛唐の詩人。東川(今の雲南省会沢)の人。ウィキペディア【李キ】参照。
遠公遁跡廬山岑
遠公えんこう遁跡とんせきす 廬山ろざんみね
  • 遠公 … 東晋の高僧慧遠えおん(334~416)のこと。廬山の東林寺に住み、白蓮社を組織し、念仏を修行した。ウィキペディア【慧遠 (東晋)】参照。ここでは璿公を指す。
  • 遁跡 … 隠遁すること。
  • 遁 … 『全唐詩』では「遯」に作る。同義語。
  • 廬山 … 山の名。江西省九江市の南方にある。白居易等が住んだ。ウィキペディア【廬山】参照。
  • 岑 … 山の峰。
開士幽居祇樹林
開士かいし幽居ゆうきょす 祇樹ぎじゅはやし
  • 開士 … 菩薩のこと。
  • 士 … 『全唐詩』には「一作山」との注がある。
  • 幽居 … 俗世間を離れて静かに暮らすこと。
  • 祇樹林 … 祇園精舎の林。璿公の寺の林を指す。
片石孤雲窺色相
片石へんせき孤雲こうん 色相しきそううかが
  • 片石 … 一片の石。
  • 孤雲 … ひときれの雲。
  • 雲 … 『全唐詩』では「峯」に作る。
  • 色相 … 仏教で、見ることのできる形や姿。
清池皓月照禪心
清池せいち皓月こうげつ 禅心ぜんしんらす
  • 清池 … 清らかな池。
  • 皓月 … 白く輝く月。
  • 皓 … 『全唐詩』には「一作白」との注がある。
  • 禅心 … 悟道三昧の境地に入っている心。
指揮如意天花落
如意にょい指揮しきすれば天花てんげ
  • 如意 … 僧がもつ法具。先の曲がった形をした棒。
  • 指揮 … ふるう。
  • 天花 … 天上の花。
坐臥閒房春草深
間房かんぼう坐臥ざがすれば春草しゅんそうふか
  • 間房 … 静かな部屋。
  • 坐臥 … 寝起きする。
此外俗塵都不染
ほか 俗塵ぞくじん べてめず
  • 此外 … このあたり。
  • 俗塵 … 世俗の汚れ。
唯餘玄度得相尋
玄度げんどあましてあいたずぬるをしむ
  • 唯余 … ただ~だけは別だ。
  • 玄度 … 晋の許詢きょじゅんあざな。高僧支遁しとんと交わり、山水を歩き回ったという。ここでは作者自身をなぞらえている。ウィキペディア【許詢】(中国語)参照。
  • 得相尋 … 訪問させてもらうことが出来る。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行