>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   送李回(李頎)

送李回(李頎)

送李回李回りかいおくる)
     
  • 七言律詩。雄・宮・中・東(平声東韻)。
  • 李回 … 人物については不明。
  • 李頎 … 690~751?。盛唐の詩人。東川(今の雲南省会沢)の人。ウィキペディア【李キ】参照。
知君官屬大司農
る きみかん大司農だいしのうぞくするを
  • 大司農 … 漢代の官名。唐代では司農寺といい、宮中の倉庫の出納、御苑の農産物の管理、官吏の俸給の支給事務等を担当した。ウィキペディア【大司農】参照。
詔幸驪山職事雄
みことのりして驪山りざんみゆきするに職事しょくじゆうならん
  • 驪山 … 陝西せんせい臨潼りんどう県の東南にある山。玄宗皇帝がこの山の温泉に華清宮を造り、楊貴妃に湯あみさせた。ウィキペディア【驪山】 【華清宮】参照。
  • 幸 … 天子が出かけること。行幸。
  • 職事 … 官職上の仕事。
  • 雄 … 盛大なこと。
歳發金錢供御府
としごとに金銭きんせんはっして御府ぎょふきょう
  • 御府 … 天子の倉庫。
  • 供 … 供給する。納める。
晝看仙液注離宮
ひる仙液せんえき離宮りきゅうそそぐを
  • 仙液 … 仙界から出る水。温泉のこと。
千巖曙雪旌門上
千巌せんがん曙雪しょせつ 旌門せいもんうえ
  • 千巌 … たくさんの岩山。
  • 曙雪 … 夜明けの雪。
  • 旌門 … 旗を立てた門。天子が行幸のとき、幕を張りめぐらして仮りの宮殿とし、旗を立てて門と見なした。
十月寒花輦路中
十月じゅうがつ寒花かんか 輦路れんろうち
  • 寒花 … 寒いときに咲く花。多くは菊をさす。
  • 輦路 … 天子の車の通る道。輦道。「輦」は天子の乗物。
不覩聲名與文物
声名せいめい文物ぶんぶつとを
  • 声名与文物 … 「声名」は「声明」の誤り。『全唐詩』では「声明」に作る。天子の衣服や乗物、行列の美しい装飾のこと。『春秋左氏伝』桓公二年に「文物ぶんぶつもっこれし、声明せいめいもっこれはっす」(文物以紀之、聲明以發之)とあるのにもとづく。
  • 覩 … 見る。
自傷留滯去關東
みずかいたむ 留滞りゅうたいして関東かんとうるを
  • 留滞 … 一ヶ所に長くとどまること。『全唐詩』では「流滞」に作る。こちらの場合は、放浪したり、停滞したりすることの意になる。
  • 関東 … 函谷関の東。すなわち今の河南省の地方。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行