>   漢詩   >   唐詩選   >   巻四 五言排律   >   送儲邕之武昌(李白)

送儲邕之武昌(李白)

送儲邕之武昌
儲邕ちょようしょうくをおく
はく
  • 五言排律。情・城・傾・行・清・聲(平声庚韻)。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。蜀の隆昌県青蓮郷(四川省江油市青蓮鎮)の人。青蓮居士と号した。科挙を受験せず、各地を遊歴。天宝元年(742)、玄宗に召されて翰林かんりん供奉ぐぶ(天子側近の文学侍従)となった。しかし、玄宗の側近で宦官の高力士らに憎まれて都を追われ、再び放浪の生活を送った。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」と仰がれた。『李太白集』がある。ウィキペディア【李白】参照。
黄鶴西樓月
黄鶴こうかく 西楼せいろうつき
  • 西 … 『全唐詩』には「一作高」とある。
長江萬里情
ちょうこう ばんじょう
春風三十度
しゅんぷう さんじゅう
空憶武昌城
むなしくおもう しょうじょう
送爾難爲別
なんじおくってわかれをがた
銜杯惜未傾
さかずきふくみ しんでいまかたむけず
湖連張樂地
みずうみがくつらなり
山逐泛舟行
やまふねうかぶるこう
  • 泛 … 『宋蜀刻本唐人集叢刊 李太白文集』(上海古籍出版社)では「汎」に作る。
諾謂楚人重
だくひとおもきをおも
  • 謂 … 『全唐詩』では「爲」に作る。
詩傳謝朓清
しゃちょうきよきをつと
滄浪吾有曲
滄浪そうろう われきょく
  • 滄浪 … 楚の川の名。『楚辞』漁父篇に「滄浪そうろうみずまば、もっえいあらし、滄浪そうろうみずにごらば、もっあしあらし」(滄浪之水清兮、可以濯吾纓、滄浪之水濁兮、可以濯吾足)とあるのに基づく。
寄入櫂歌聲
せてとうこえ
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行