>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   秋登宣城謝朓北楼(李白)

秋登宣城謝朓北楼(李白)

秋登宣城謝朓北樓
あき宣城せんじょう謝朓しゃちょう北楼ほくろうのぼ
はく
  • 五言律詩。空・虹・桐・公(平声東韻)。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
江城如畫裏
江城こうじょう 画裏がりのごとく
山曉望晴空
やまけて 晴空せいくうのぞ
  • 曉 … 『瀛奎律髓刊誤』(掃葉山房)では「色」に作り、「曉」との傍注がある。
兩水夾明鏡
両水りょうすい めいきょうはさ
雙橋落彩虹
双橋そうきょう 彩虹さいこうとす
人烟寒橘柚
人烟じんえん 橘柚きつゆうさむ
  • 寒 … 『宋蜀刻本唐人集叢刊 李太白文集』(上海古籍出版社)には「一作空」とある。
秋色老梧桐
秋色しゅうしょく 梧桐ごとう
誰念北樓上
たれおもわん 北楼ほくろううえ
臨風懷謝公
かぜのぞんで謝公しゃこうおもわんとは
  • 懷 … 『瀛奎律髓刊誤』(掃葉山房)では「憶」に作る。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行