>   漢詩   >   歴代詩選:前漢   >   秋風辞(漢武帝)

秋風辞(漢武帝)

秋風辭しゅうふう
かんてい     
  • 〔出典〕 『楽府詩集』巻八十四(『四部叢刊 初編経部』所収)、『先秦漢魏晋南北朝詩』漢詩巻一、『古詩源』巻二 漢詩、『文選』巻四十五、『古文真宝(後集)』巻一、他
  • 雑言古詩。飛・歸(平声微韻)、芳・忘(平声陽韻)、河・波・歌・多・何(平声歌韻)、換韻。
  • ウィキソース「秋風辭(文選)」「樂府詩集/084卷」「古詩源/卷二」参照。
  • 辞 … 文体の名。『楚辞』の流れから発展した韻文。抒情的なもので「けい」を使う点に特徴がある。
  • この詩は、前113年、武帝が河東(現在の山西省南部)の汾陰ふんいんに行幸し、こう(大地の神。土地神)の祭祀を行なった折、川の中ほどに屋形船を浮かべて、群臣たちと酒宴を催し、上機嫌となって詠んだと伝えられるもの。
  • 漢武帝 … 前156~前87。前漢の第七代皇帝。姓名は劉徹。在位前141~前87。儒教を国教化、中央集権制を確立し、漢王朝の最盛期をもたらした。また、匈奴を征伐し、西域・安南・朝鮮を征服した。ウィキペディア【武帝 (漢)】参照。
秋風起兮白雲飛
しゅうふうおこりて 白雲はくうん
  • 兮 … 音は「ケイ」。調子を整える助字。訓読しない。『楚辞』や楚調の歌に多く用いられる。
草木黃落兮雁南歸
草木そうもく黄落こうらくして かり みなみかえ
  • 黄落 … 木の葉が黄ばんで落ちること。
蘭有秀兮菊有芳
らんはなり きくかお
  • 蘭 … キク科の植物、フジバカマのこと。今の「ラン」ではない。ウィキペディア【フジバカマ】参照。
  • 秀 … ここでは「はな」と読む。茎が長くのびて、その先端に花が咲いているさま。
  • 芳 … 香り。
懷佳人兮不能忘
じんおもいてわするるあたわず
  • 佳人 … 通常は美人の意。「長安の後宮に残してきた美女たち」とする説、「神女・仙女」とする説、「賢臣」とする説とに分かれる。
  • 懐 … 『文選』では「攜」に作る。「攜」は「携」の異体字。
汎樓船兮濟汾河
楼船ろうせんうかべて ふんわた
  • 楼船 … やぐらのある二階造りの船。屋形船。
  • 汎 … 浮かぶ。「泛」も同じ。
  • 汾河 … 山西省にある川。寧武県に源流を発し、西南に流れて黄河に入る。汾水ともいう。ウィキペディア【汾河】参照。
  • 済 … 渡る。
橫中流兮揚素波
中流ちゅうりゅうよこたわりて素波そは
  • 中流 … 川の中ほど。
  • 素波 … 白い波。
簫鼓鳴兮發棹歌
しょうりてとうはっ
  • 簫鼓 … 笛と太鼓。「簫」は古代の管楽器ではいしょうのこと。16~23本の細い竹管を横に並べて作ったもの。上端を吹いて鳴らす。パンパイプに似ている。
  • 棹歌 … 舟歌。「棹」は船をかいのこと。船頭が船を漕ぐときに歌う歌。とうとも。
歡樂極兮哀情多
歓楽かんらくきわまりて あいじょうおお
  • 歓楽 … 遊びや酒色の喜び、楽しみ。快楽。
  • 極 … 極限に達する。
  • 哀情 … 悲しい気持ち。
少壯幾時兮奈老何
しょうそう幾時いくときぞ いを奈何いかんせん
  • 少壮 … 年が若く、血気盛んな時。
  • 幾時 … いつまで続くのか。
  • 奈~何 … 「~をいかんせん」と読み、「~をどうしようか」「~をどうしたらよいか」と訳す。処置・方法を問う疑問・反語の意を示す。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行