>   漢詩   >   唐詩選   >   巻一 五古   >   経下邳圯橋懐張子房(李白)

経下邳圯橋懐張子房(李白)

經下邳圯橋懷張子房
下邳かひきょうちょうぼうおも
はく
  • 五言古詩。家・沙(平声麻韻)、動・勇(上声腫韻)、風・公・空(平声東韻)。
  • ウィキソース「經下邳圯橋懷張子房」参照。
  • 詩題 … 『宋本』『繆本』には、題下に「淮泗」との注がある。
  • 下邳 … 現在の江蘇省邳州市。『旧唐書』地理志、河南道、徐州、下邳の条に「漢の下邳郡。げん東徐州に置く、周邳州に改む、隋廃す。武徳四年(621)、邳州に復す、下邳・たん・良城の三県を領す。貞観元年(627)、邳州を廃す、仍りて郯・良城の二県を省き、下邳を以てしゅうに属す。元和中(806~820)、復た徐州に属す」(漢下邳郡。元魏置東徐州、周改邳州、隋廢。武德四年、復邳州、領下邳、郯、良城三縣。貞觀元年、廢邳州、仍省郯、良城二縣、以下邳屬泗州。元和中、復屬徐州)とある。ウィキソース「舊唐書/卷38」参照。ウィキペディア【邳州市】参照。
  • 圯橋 … この地方の方言で土橋のことだともいい、下邳にある橋の名だともいわれるが、正確なところはよく分からない。『説文解字』巻十三下、土部に「東楚、橋を謂いて圯と為す」(東楚謂橋爲圯)とある。ウィキソース「說文解字/13」参照。また『水経注』沂水の条に「沂水は下邳県にいて北西に流れ、分かれて二水と為る。一水は城北に于いて西南してに入り、一水は城東をて県南より屈し、亦た泗に注ぐ、之を小沂水と謂う。水上に橋有り、徐・泗の間を以て圯と為す。昔張子房、黄石公に圯上に于いて遇う、即ち此処ここなり」(沂水于下邳縣北西流、分爲二水。一水于城北西南入泗、一水逕城東屈從縣南、亦注泗、謂之小沂水。水上有橋、徐、泗間以爲圯。昔張子房遇黃石公于圯上、即此處也)とある。ウィキソース「水經注/25」参照。
  • 張子房 … 漢の高祖(劉邦)の功臣、張良(?~前186)のこと。子房はあざな。蕭何・韓信とともに漢の高祖の三傑。代々韓の宰相の家柄であった。韓を滅ぼした秦に報復するため始皇帝を博浪沙で襲撃したが失敗し、一時下邳に潜伏した。そこで黄石老人から太公望の兵法書を授けられた。のちに高祖を助け、漢の統一に貢献した。ウィキペディア【張良】参照。
  • 張 … 『文苑英華』には、この字なし。
  • 懐 … 懐かしく思う。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。蜀の隆昌県青蓮郷(四川省江油市青蓮鎮)の人。青蓮居士と号した。科挙を受験せず、各地を遊歴。天宝元年(742)、玄宗に召されて翰林かんりん供奉ぐぶ(天子側近の文学侍従)となった。しかし、玄宗の側近で宦官の高力士らに憎まれて都を追われ、再び放浪の生活を送った。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」と仰がれた。『李太白集』がある。ウィキペディア【李白】参照。
子房未虎嘯
ぼう いましょうせざりしとき
  • 子房 … 張良のあざな
  • 虎嘯 … 英雄が志を得て活躍すること。
  • 虎 … 『古今詩刪』では「乕」に作る。異体字。
破產不爲家
さんやぶりて いえおさめず
  • 破産 … 財産を使いはたす。
  • 不為家 … 家計のことを顧みない。
滄海得壯士
滄海そうかいに そう
  • 滄海 … 滄海君という豪族の長。
椎秦博浪沙
しんついす 博浪はくろう
  • 椎秦 … 秦の始皇に鉄椎を投げつけた。
  • 椎 … 『劉本』には「一作惟」とある。
  • 博浪沙 … 地名。現在の河南省中牟県の北にあった。
  • 博 … 『宋本』『繆本』『郭本』『文苑英華』『古今詩刪』では「愽」に作る。異体字。『劉本』には「一作傳」とある。
報韓雖不成
かんほうじて らずといえど
天地皆振動
てん みな振動しんどう
  • 振 … 『唐詩選』では「震」に作る。同義。
潛匿遊下邳
潜匿せんとくして 下邳かひあそ
  • 潜匿 … ひそみかくれる。
豈曰非智勇
ゆうあらずとわんや
我來圯橋上
われ きょううえきた
懷古欽英風
いにしえおもうて 英風えいふうした
  • 英風 … 英雄の風姿。
  • 欽 … 慕う。
唯見碧流水
る へきりゅうみず
  • 唯 … 『全唐詩』『文苑英華』『唐宋詩醇』では「惟」に作る。同義。
  • 碧流水 … あおい水の流れ。
  • 流水 … 『文苑英華』では「水流」に作り、「集作流水」とある。
曾無黄石公
かつ黄石公こうせきこう
  • 黄石公 … 秦の隠士。張良に兵法を教え、『三略』を授けたといわれている。
歎息此人去
歎息たんそくす ひとりて
  • 此人 … 張子房を指す。
蕭條徐泗空
蕭条しょうじょうとして じょむなしきを
  • 蕭条 … ひっそりとしてものさびしい様子。『楚辞』の「遠遊」に「やま蕭条しょうじょうとしてけものく、寂漠せきばくとしてひとし」(山蕭條而無獸兮、野寂漠其無人)とある。ウィキソース「楚辭/遠遊」参照。
  • 徐泗 … 徐は徐州。泗は泗水郡。すなわち下邳地方一帯を指す。
テキスト
  • 『箋註唐詩選』巻一(『漢文大系 第二巻』冨山房、1910年)
  • 『全唐詩』巻一百八十一(揚州詩局本縮印、上海古籍出版社、1985年)
  • 『李太白文集』巻二十(静嘉堂文庫蔵宋刊本影印、平岡武夫編『李白の作品』所収、略称:宋本)
  • 『李太白文集』巻二十(ぼくえつ重刊、雙泉草堂本、略称:繆本)
  • 『分類補註李太白詩』巻二十二(しょういん補注、内閣文庫蔵、略称:蕭本)
  • 『分類補註李太白詩』巻二十二(蕭士贇補注、郭雲鵬校刻、『四部叢刊 初篇集部』所収、略称:郭本)
  • 『分類補註李太白詩』巻二十二(蕭士贇補注、許自昌校刻、『和刻本漢詩集成 唐詩2』所収、略称:許本)
  • 『李翰林集』十五(景宋咸淳本、劉世珩刊、江蘇広陵古籍刻印社、略称:劉本)
  • 『李太白全集』巻二十二(王琦編注、『四部備要 集部』所収、略称:王本)
  • 『文苑英華』巻三百九(影印本、中華書局、1966年)
  • 『唐詩品彙』巻六(汪宗尼本影印、上海古籍出版社、1981年)
  • 『唐詩別裁集』巻二(乾隆二十八年教忠堂重訂本縮印、中華書局、1975年)
  • 『古今詩刪』巻十(寛保三年刊、『和刻本漢詩集成 総集篇8』所収、457頁)
  • 『唐詩解』巻四(清順治十六年刊、内閣文庫蔵)
  • 『唐宋詩醇』巻八(乾隆二十五年重刊、紫陽書院、内閣文庫蔵)
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行