>   漢詩   >   唐詩選   >   巻一 五言古詩   >   経下邳圯橋懐張子房(李白)

経下邳圯橋懐張子房(李白)

經下邳圯橋懷張子房
下邳かひ圯橋いきょう張子房ちょうしぼうおも
はく
  • 五言古詩。家・沙(平声麻韻)、動・勇(上声腫韻)、風・公・空(平声東韻)。
  • 下邳 … 現在の江蘇省邳県。
  • 圯橋 … 「圯」はこの地方の方言で「土橋」のこと。「圯橋」は固有名詞とも言われるがはっきりしない。
  • 張子房 … 漢の張良のこと。
  • 張 … 『文苑英華』にはこの字なし。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
子房未虎嘯
子房しぼう いまだ虎嘯こしょうせざりしとき
  • 子房 … 張良のあざな
  • 虎嘯 … 英雄が志を得て活躍すること。
破産不爲家
さんやぶりて いえおさめず
  • 破産 … 財産を使いはたす。
  • 不為家 … 家計のことを顧みない。
滄海得壯士
滄海そうかいに 壮士そうし
  • 滄海 … 滄海君という豪族の長。
椎秦博浪沙
しんついす 博浪沙はくろうさ
  • 椎秦 … 秦の始皇に鉄椎を投げつけた。
  • 椎 … 『李翰林集』(江蘇廣陵古籍刻印社)には「一作惟」とある。
  • 博浪沙 … 地名。現在の河南省中牟県の北にあった。
  • 博 … 『李翰林集』(江蘇廣陵古籍刻印社)には「一作傳」とある。
報韓雖不成
かんほうじて らずといえど
天地皆震動
てん みな震動しんどう
潛匿遊下邳
潜匿せんとくして 下邳かひあそ
  • 潜匿 … ひそみかくれる。
豈曰非智勇
智勇ちゆうにあらずとわんや
我來圯橋上
われ 圯橋いきょううえたり
懷古欽英風
いにしえおもうて 英風えいふうした
  • 英風 … 英雄の風姿。
  • 欽 … 慕う。
唯見碧流水
る 碧流へきりゅうみず
  • 碧流水 … あおい水の流れ。
  • 流水 … 『文苑英華』では「水流」に作り、「集作流水」とある。
曾無黄石公
かつ黄石公こうせきこう
  • 黄石公 … 秦の隠士。張良に兵法を教え、『三略』を授けたといわれている。
歎息此人去
歎息たんそくす ひとりて
  • 此人 … 張子房を指す。
蕭條徐泗空
蕭条しょうじょうとして 徐泗じょしむなしきを
  • 蕭条 … ひっそりとしてものさびしいようす。
  • 徐泗 … 徐は徐州。泗は泗水郡。すなわち下邳地方一帯を指す。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行