>   漢詩   >   唐詩選   >   巻二 七言古詩   >   烏夜啼(李白)

烏夜啼(李白)

烏夜啼
烏夜啼うやてい
はく
  • 七言古詩。棲・啼(平声齊韻)、女・語(上声語韻)雨(上声麌韻)通押。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
黄雲城邊鳥欲棲
黄雲こううん城辺じょうへん からすまんとほっ
  • 黄 … 王琦編注『李太白全集』(中国書店)では「尋」に作る。
  • 邊 … 王琦編注『李太白全集』(中国書店)には「一作南」とある。
  • 欲棲 … 『唐寫本唐人選唐詩』(『唐人選唐詩十種』所収)では「夜栖」に作る。
歸飛啞啞枝上啼
かえんで 啞啞ああとして枝上しじょう
機中織錦秦川女
機中きちゅう にしきる 秦川しんせんじょ
  • 機中織錦秦川女 … 『全唐詩』には「一作閨中織婦秦家女」とある。
碧紗如烟隔牎語
碧紗へきさ けむりのごとく まどへだててかた
  • 紗 … 『唐寫本唐人選唐詩』(『唐人選唐詩十種』所収)では「沙」に作る。
停梭悵然憶遠人
とどめて悵然ちょうぜんとして遠人えんじんおも
  • 然 … 『宋蜀刻本唐人集叢刊 李太白文集』(上海古籍出版社)では「望」に作る。
  • 悵然憶遠人 … 『全唐詩』には「一作向人問故夫」とある。
獨宿空房涙如雨
ひとり空房くうぼう宿しゅくして なみだあめのごとし
  • 空 … 『全唐詩』では「孤」に作り、「一作空」とある。
  • 獨宿空房 … 『全唐詩』では「獨宿孤房」に作り、「一作欲説遼西」とある。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行