>   漢詩   >   唐詩選   >   巻四 五言排律   >   送秘書晁監還日本国(王維)

送秘書晁監還日本国(王維)

送祕書晁監還日本國
しょちょうかん日本国にっぽんこくかえるをおくる)
おう
  • 〔出典〕 『王右丞文集』巻五(静嘉堂文庫蔵、略称:静嘉堂本)、『王摩詰文集』巻九(略称:蜀刊本)、『須渓先生校本唐王右丞集』巻五(『四部叢刊 初篇集部』所収、略称:四部叢刊本)、顧起経注『類箋唐王右丞詩集』巻七(略称:顧起経注本)、顧可久注『唐王右丞詩集』巻五(『和刻本 漢詩集成 唐詩1』所収、略称:顧可久注本)、趙殿成注『王右丞集箋注』巻十二(略称:趙注本)、『唐詩選』巻四、『全唐詩』巻百二十七、『文苑英華』巻二百六十八、『極玄集』、『唐詩品彙』巻七十四、他
  • 五言排律。東・空・風・紅・中・通(平声東韻)。
  • ウィキソース「送祕書晁監還日本國」参照。
  • 秘書晁監 … 秘書監の晁衡、阿倍仲麻呂(698~770)のこと。中国名をちょうこう、またはちょうこうという。「晁」は「朝」の古字。入唐にっとう留学生として唐の玄宗に仕え、中国で死んだ。李白や王維などと交際があった。「秘書監」は、宮中の図書を掌る秘書省の長官。ウィキペディア【阿倍仲麻呂】参照。
  • 晁 … 『蜀刊本』では「朝」に作る。
  • 国 … 『唐詩選』には「国」の字がない。
  • 還 … 『文苑英華』では「帰」に作り、「集作還」とある。
  • 『極玄集』では詩題を「送晁監帰日本」に作る。
  • 王維 … 699?~761。盛唐の詩人、画家。太原(山西省)の人。あざなきつ。開元七(719)年、進士に及第。安禄山の乱で捕らえられたが事なきを得、乱後は粛宗に用いられてしょうじょゆうじょう(書記官長)まで進んだので、王右丞とも呼ばれる。また、仏教に帰依したため、詩仏と称される。『王右丞集』十巻(または六巻)がある。ウィキペディア【王維】参照。
積水不可極
積水せきすい きわからず
  • 積水 … 海のこと。『荀子』儒効篇第八に「積土は山と為り、積水は海と為る」(積土而爲山、積水而爲海)とあるのに基づく。
  • 不可極 … 果てしなく広がっていて、極めようもない。
安知滄海東
いずくんぞ滄海そうかいひがしらん
  • 安 … 「いずくんぞ~ん(や)」と読み、「どうして~(する)のか、いや~ない」と訳す。反語の意を示す。
  • 滄海 … 東方の大海原おおうなばら。その中に仙人が住む島があると伝えられた。
九州何處遠
九州きゅうしゅう いずれのところとお
  • 九州 … ここでは、中国の外にある九つの国。
  • 何処遠 … どこが一番遠いだろうか(きっと君の故国、日本であろう)。
  • 遠 … 『全唐詩』には「一作所」とある。『極玄集』では「所」に作る。『静嘉堂本』では「去」に作る。
萬里若乘空
ばん くうじょうずるがごと
  • 万里 … 君の故国へ帰る万里の船旅。
  • 万 … 『静嘉堂本』では「五」に作る。
  • 乗空 … 虚空を飛んでゆく。頼りない様子。『列子』黄帝第二に「空に乗ずることじつを履むが如し」(乘空如履實)とあるのに基づく。「実」は、地のこと。
向國唯看日
くにむかって
  • 向国 … 故国に向われるには。
  • 唯看日 … ただ太陽の出る方角を目指すばかり。
  • 唯 … 『唐詩選』『静嘉堂本』『蜀刊本』『趙注本』『文苑英華』では「惟」に作る。同義。
歸帆但信風
はんかぜまかすのみ
  • 帰帆 … 帰りゆく船。
  • 帆 … 『全唐詩』『顧起経注本』『趙注本』には「一作途」とある。
  • 信 … まかせる。
鰲身映天黑
鰲身ごうしん てんえいじてくろ
  • 鰲身 … 大海亀の胴体。
  • 鰲 … 『静嘉堂本』『蜀刊本』『極玄集』では「鼇」に作る。正字。「鰲」は異体字。
  • 映天黒 … 空を背景に黒々とその姿をうつす。
  • 天 … 『蜀刊本』では「晩」に作る。
魚眼射波紅
魚眼ぎょがん なみくれないなり
  • 魚眼 … 大魚の眼。
  • 魚 … 『全唐詩』『顧起経注本』『趙注本』には「一作蜃」とある。『文苑英華』には「作蜃」とある。
  • 射波紅 … 波を射るようにあかく輝くことであろう。
鄉樹扶桑外
きょうじゅ そうそと
  • 郷樹 … 故郷の木々。
  • 樹 … 『唐詩選』では「国」に作る。
  • 扶桑 … 東方の島にあり、日の出る所にあると伝えられた神木の名。のち、その木の生えている土地をいう。転じて、日本を指す。
  • 外 … (扶桑の木の)さらに向こう。
主人孤島中
主人しゅじん とううち
  • 主人 … その家のあるじであるあなたは。晁衡、阿倍仲麻呂を指す。
  • 孤島中 … 絶海にただ一つある島国にお住いになる。日本を指す。
別離方異域
べつ まさいき
  • 別離 … 今ここで君とお別れして。
  • 異域 … 中国を遠く離れたよその地方。別の世界の人となること。
音信若爲通
音信おんしん 若為いかでかつうぜん
  • 音信 … 「いんしん」とも読む。便り。手紙。
  • 若為 … どのようにして。どうやって。
  • 若 … 『文苑英華』では「苦」に作る。
  • 通 … 通わせる。送る。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行