>   その他   >   孫子   >   作戦篇

孫子 作戦篇

孫子曰、凡用兵之法、馳車千駟、革車千乘、帶甲十萬、千里饋糧、内外之費、賓客之用、膠漆之材、車甲之奉、日費千金、然後十萬之師舉矣、
孫子わく、およそ兵をもちうるの法は、馳車ちしゃ 千駟せんし革車かくしゃ千乗せんじょう帯甲たいこう十万、千里にしてりょうおくるときは、則ち内外の賓客ひんかくの用、膠漆こうしつの材、車甲しゃこうほう、日に千金をついやして、然る後に十万の師がる。
  • 馳車 … 四頭だての小型の戦車。
  • 千駟 … 千台。
  • 革車 … 大型の戦車。
  • 帯甲 … よろいをつけた兵士。
  • 則 … 武経本にはこの字なし。
其用戰也、勝久則鈍兵挫鋭、攻城則力屈、久暴師則國用不足、夫鈍兵挫鋭、屈力殫貨、則諸侯乘其弊而起、雖有智者、不能善其後矣、故兵聞拙速、未巧之久也、夫兵久而國利者、未之有也、故不盡知用兵之害者、則不能盡知用兵之利也、
其のたたかいをもちうるや、勝つも久しければ、則ち兵をにぶらしえいくじく。城を攻むればすなわち力き、久しく師をさらさばすなわち国用こくようらず。それ兵をつからせ鋭をくじき、力をくし貨をくすときは、すなわち諸侯そのへいに乗じて起こる。智者ありといえども、そのあとをくすることあたわず。ゆえに兵は拙速せっそくなるを聞くも、いまだこうひさしきをざるなり。それ兵久しくして国のする者は、いまだこれあらざるなり。ゆえにことごとく用兵ようへいの害を知らざる者は、すなわちことごとく用兵のをも知ることあたわざるなり。
  • 睹 … 武経本では「覩」に作る。
善用兵者、役不再籍、糧不三載、取用於國、因糧於敵、故軍食可足也、國之貧於師者遠輸、遠輸則百姓貧、近師者貴賣、貴賣則百姓財竭、財竭則急於丘役、力屈財殫、中原内虚於家、百姓之費、十去其七、公家之費、破車罷馬、甲冑矢、戟楯櫓、丘牛大車、十去其六、故智將務食於敵、食敵一鍾、當吾二十鍾、mojikyo_font_031007秆一石、當吾二十石、
く兵をもちうる者は、えきは再びはせきせず、りょうたびはさいせず。ようを国に取り、りょうを敵による。ゆえに軍食ぐんしょく足るべきなり。国の師にひんなるは、遠くいたせばなり。遠くいたさば百姓まずし。師に近き者は貴売きばいすればなり。貴売きばいすればすなわちひゃくせいは財く。財くればすなわち丘役きゅうえきに急にして、力くっし財き、中原ちゅうげんのうち、家にむなしく、百姓の費、十にその七を去る。公家こうかの費、破車はしゃ罷馬ひば甲冑かっちゅう矢弩しど戟楯げきじゅん蔽櫓へいろ丘牛きゅうぎゅう大車だいしゃ、十にその六を去る。ゆえに智将ちしょうは務めて敵にむ。敵の一しょうを食むは、わが二十しょうに当たり、mojikyo_font_031007秆一せきは、わが二十せきたる。
  • 於 … 武経本にはこの字なし。
  • 丘役 … 丘ごとに課す軍事税。
  • 財殫 … 武経本にはこの二字なし。
  • 弩 … 武経本では「弓」に作る。
  • 蔽 … 武経本では「矛」に作る。
故殺敵者怒也、取敵之利者貨也、車戰得車十乘上、賞其先得者、而更其旌旗、車雜而乘之、卒善而養之、是謂勝敵而益強、
ゆえに敵を殺す者はいかりなり。敵のを取る者はなり。ゆえに車戦しゃせんに車十乗已上いじょうれば、そのまず得たる者をしょうし、しかしてその旌旗せいきあらため、車はまじえてこれに乗らしめ、そつは善くしてこれを養わしむ。これを敵に勝ちてきょうすと謂う。
  • 故 … 武経本にはこの字なし。
  • 已 … 武経本では「以」に作る。
故兵貴勝、不貴久、故知兵之將、民之司命、國家安危之主也、
ゆえに兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず。ゆえに兵を知るのしょうは、生民せいみん司命しめい、国家安危あんきしゅなり。
  • 生 … 武経本にはこの字なし。
計篇 作戦篇
謀攻篇 形篇
勢篇 虚実篇
軍争篇 九変篇
行軍篇 地形篇
九地篇 火攻篇
用間篇