>   故事成語   >   た行   >   桃源郷

桃源郷

桃源とうげんきょう
  • 出典:陶淵明「桃花源記」(ウィキソース「桃花源記」参照)
  • 解釈:理想郷。別天地。ユートピア。俗世間を離れた平和な世界。「桃源」「武陵桃源」も同じ。
  • 陶淵明 … 365~427。東晋末の詩人。潯陽じんよう(江西省九江市)の人。名はせんあざな淵明えんめい、一説にはげんりょうともいわれる。りゅう先生と号した。後世の人々から靖節せいせつ先生というおくりなを賜った。四十一歳のとき、彭沢ほうたく県の県令となったが八十日で辞任し、「帰去来の辞」を作って帰郷した。以後はしゅっすることなく、隠逸詩人として田園生活を送った。その詩は唐代になって多くの詩人に多大な影響を与えた。ウィキペディア【陶淵明】参照。
晉太元中、武陵人捕魚爲業。
しん太元たいげんちゅうりょうひとうおとらうるをなりわいす。
  • 晋太元中 … 東晋の太元年間。376年~396年。
  • 武陵 … 湖南省常徳県の西。
  • 業 … 生業なりわい
縁溪行、忘路之遠近。
たにりてき、みち遠近えんきんわする。
  • 渓 … 谷川。
  • 縁 … 沿って。
  • 遠近 … 距離の遠さと近さ。
忽逢桃花林、夾岸數百歩、中無雜樹、芳草鮮美、落英繽紛。
たちまとうはやしう、きしはさむことすうひゃっなか雑樹ざつじゅく、芳草ほうそうせんにして、落英らくえい繽紛ひんぷんたり。
  • 桃花林 … 桃の花が咲いた林。
  • 無雑樹 … 雑樹は、いろいろな種類がまじった立ち木。ここでは桃以外の木が一本もない様子。
  • 芳草 … よい香りのする草花。
  • 鮮美 … いきいきと色あざやかで美しい。
  • 落英繽紛 … 落花が乱れ散るさま。
漁人甚異之。
漁人ぎょじんはなはこれあやしむ。
  • 漁人 … 漁師。
  • 異 … あやしむ。不思議だと思う。
復前行、欲窮其林。
すすきて、はやしきわめんとほっす。
林盡水源、便得一山。山有小口、髣髴若有光。
はやし水源すいげんき、便すなわ一山いちざんたり。やましょうこうり、髣髴ほうふつとしてひかりるがごとし。
便捨船、從口入。初極狹、纔通人。
便すなわふねてて、くちよりる。はじめはきわめてせまく、わずかにひととおすのみ。
復行數十步、豁然開朗。土地平曠、屋舍儼然。
くことすうじっ豁然かつぜんとして開朗かいろうなり。土地とち平曠へいこうにして、屋舎おくしゃ儼然げんぜんたり。
  • 豁然 … ぱっと目の前がひらける様子。
  • 儼然 … きちんと整っているさま。
有良田美池桑竹之屬。阡陌交通、鷄犬相聞。
りょうでん美池びち桑竹そうちくたぐいり。阡陌せんぱくまじわりつうじ、鶏犬けいけんあいこゆ。
  • 阡陌 … あぜ道。
其中往來種作、男女衣著、悉如外人。黃髮垂髫、並怡然自樂。
なか往来おうらい種作しゅさくする男女だんじょちゃくは、ことごと外人がいじんごとし。黄髪こうはつすいちょうならびにぜんとしてみずかたのしめり。
  • 垂髫 … おさげ髪の子ども。
  • 怡然 … なごやかに喜び、楽しげなさま。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ