>   論語   >   微子第十八   >   8

微子第十八 8 逸民章

468(18-08)
逸民。伯夷。叔齊。虞仲。夷逸。朱張。柳下惠。少連。子曰。不降其志。不辱其身。伯夷叔齊與。謂柳下惠少連。降志辱身矣。言中倫。行中慮。其斯而已矣。謂虞仲夷逸。隠居放言。身中清。廢中權。我則異於是。無可無不可。
逸民いつみんには、はくしゅくせいちゅういつしゅちょうりゅうけいしょうれんあり。いわく、こころざしくださず、はづかしめざるは、はくしゅくせいか。りゅうけいしょうれんう。こころざしくだはずかしむるも、げんりんあたり、おこないはりょあたる。これのみ。ちゅういつう。隠居いんきょして放言ほうげんし、せいあたり、はいけんあたる。われすなわこれことなり。く、不可ふかし。
現代語訳
  • 世すてびとは、伯夷・叔斉(セイ)・虞(グ)仲・夷逸・朱張・柳下恵・少連である。先生 ――「理想を低めず、身をけがさないのは、伯夷・叔斉だな。」柳下恵と少連を批評し ――「理想を低め、身もけがしたが…。いうことにスジが通り、することは本気だった、という点だな。」虞仲と夷逸を批評し ――「片すみにいて自由に議論し、身のふりかたはきれいで、ひっこみ時もよかった。だがわしはまた変わっていて、よいともきめないし、わるいともきめない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 古来、野の賢者として名高いのは、はくしゅくせいちゅういつしゅちょうりゅうけいしょうれんなどであるが、先師はいわれた。
    「あくまでも志を曲げず、身を辱かしめなかったのは、伯夷と叔斉であろう」
    柳下恵と少連とについては、つぎのようにいわれた。――
    「志をまげ、身を辱しめて仕えたこともあったが、いうことはあくまでも人倫の道にかなっていたし、行動にも筋道が立っていた。二人はその点だけで、十分立派だ」
    虞仲と夷逸については、つぎのようにいわれた。――
    「隠遁して無遠慮な放言ばかりしていたが、しかし一身を守ることは清かったし、世を捨てたのは時宜に適した道だったと言えるだろう」
    先師は、それにつけ加えてさらにいわれた。――
    「私は、しかし、こうした人たちとはちがう。私は、はじめから隠遁がいいとかわるいとかを決めてかかるような、片意地な態度には出たくないのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 逸民 … 隠棲している賢者。在野の賢人。
  • 伯夷・叔斉 … 周初の賢人兄弟。父が弟の叔斉を跡継ぎにしようとしたが、叔斉は兄の伯夷に譲ろうとし、ついに二人とも国を去り、文王を慕って周に行った。しかし、周の武王が殷のちゅう王を討ったことを、不義であると諫言した。さらに周の穀物を食することを拒み、二人とも首陽山に入って餓死した。清潔・正義の人の代表とされる。ウィキペディア【伯夷・叔斉】参照。
  • 柳下恵 … 魯の賢人。姓は展、名は獲。あざなきん。展季とも呼ばれた。柳下に住んだという。恵はおくりな
余説
  • 不辱其身 … 『義疏』では「不辱其身者」に作る。
  • 身中清 … 『史記』孔子世家では「行中清」に作る。
  • 無可無不可 … 宮崎市定は「可とする無く不可ふかとするも無し」と読んでいる(論語の新研究)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十